このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

三重の子どもたち展 発見! わたしの村 わたしの町

展覧会期 2001年3月7日〜4月15日
記録集 29.6×21.0p、40ページ
単色
ごあいさつ 白石和己/三重県立美術館長
「三重の子どもたち展」−一つの展望 毛利伊知郎
土のワークショップをプランニングして 近藤真純
第1部−生活の現場から  
●地域のよさや特色をいかして〈た〉W.S.を考える 関口怜子
●「鈴鹿の風は何いろ」−ワークショップを通して伝えたかったこと− 福井恵子
●形はすでにそこにある−阿山町ワークショップ− 西村陽平
●「発見!わたしの村 わたしの町」鈴鹿市ワークショップの記録  
●鈴鹿市ワークショップ参加スタッフの感想  
●「発見!わたしの村 わたしの町」阿山町ワークショップの記録  
●阿山町ワークショップ参加スタッフの感想  
第2部−教育の現場から  
●これからの子どもたち展に思う 三浦光和
●新しい時代、新しい教育における「三重の子どもたち展」の在り方とは 辻村岳
●平成12年度「三重の子どもたち展 発見!わたしの村 わたしの町」第2部開催要項抜枠  
●第2部企画運営委員・地域代表委員・地域協力委員一覧  
昨年度展覧会の記録  
●第1部の記録  
●第2部の記録  
編  集 三重県立美術館、「三重の子どもたち展」委員会 担当=近藤真純
発  行 (財)三重県立美術館協力会 2001.3

年報2000

展覧会図録在庫一覧

ページのトップへ戻る