このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

川喜田半泥子のすべて展

(表)            (裏)

展覧会期 2010年6月8日(火)〜7月25日(日)
図録 A4判 295ページ
●ごあいさつ/Foreword 主催者
●半泥無茶 高橋睦郎(詩人)
●川喜田半泥子の陶芸 榎本徹(岐阜県現代陶芸美術館館長)
●半泥子の書と絵画 毛利伊知郎(三重県立美術館副館長)
●図版  
半泥子陶芸の確立  
高麗茶碗賛歌−井戸手・粉引・刷毛目…  
桃山陶への挑戦−志野・黒織部・黄瀬戸…  
変幻自在・半泥子ー楽・唐津・呼継・片身替…  
絵付の楽しみ−染付・色絵の茶碗  
独自の造形を求めて−水指  
半泥子の小宇宙−茶入・香合・振出・火入…  
半泥子のもてなし−食器・酒器  
竹「そのまま」のこころー茶杓・花入  
洒脱とユーモア−半泥子の書と絵画  
初めての芸術−半泥子のカメラワーク  
(資料)  
印章  
建築  
半泥子慶世羅々々の生涯 千早耿一郎(詩人)
半泥子陶芸の技法と素材 石崎泰之(山口県立萩美術館・浦上記念館学芸課長)
半泥子と写真 榎本徹(岐阜県現代陶芸美術館館長)
関係者インタビュー 半泥子を語る 小野公久(陶芸ジャーナリスト、日本陶磁教会萩支部長)
財団法人石水会館について 飯田俊司(財団法人石水会館理事長)
作品解説  
略年譜  
参考文献  
編集 朝日新聞社事業本部 名古屋企画事業チーム、榎本徹(岐阜県現代陶芸美術館館長)、佐野素子(岐阜県現代陶芸美術館学芸員)、石崎泰之(山口県立萩美術館・浦上記念館学芸課長)、毛利伊知郎(三重県立美術館副館長)、龍泉寺由佳(石水博物館学芸員)、渡辺弓雄(耕人社)
デザイン 大向デザイン事務所(大向務+坂本佳子+市川真莉子)
制作 耕人社、野崎印刷紙業株式会社
印刷 野崎印刷紙業株式会社
発行 朝日新聞社 2009年10月3日

川喜田半泥子のすべて展 詳細

図録在庫一覧

ページのトップへ戻る