このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

ジェームズ・アンソール

展覧会期 2005年6月18日〜7月24日
他開催先 東京都庭園美術館 4月23日〜6月12日
福島県立美術館 7月30日〜9月4日
北九州市立美術館 9月10日〜10月16日
高松市美術館 10月21日〜12月4日
図録 26.4×19.4p、 200ページ
多色145図
●ごあいさつ
 Foreword
主催者
The Organizers
●メッセージ
 Message
ポール・ユヴェンヌ博士/アントウェルペン王立美術館長 Dr.Paul Huvenne/Director of the Royal Museum of Fine Arts in Antwerp
●ジェームズ・アンソール概論 ヘルウィッグ・トッツ/アントウェルペン王立美術館学芸員(生田ゆき訳)
●眺めのいい三つの部屋−ジェームズ・アンソールがアトリエの窓から見たオーステンド ノルベルト・ホスティン/オーステンド市立美術館長(阿佐美淑子訳)
●ジェームズ・アンソールのジャポニスム 高木陽子/文化女子大学造形学部助教授
●線・色彩・光 龍野有子/岡山大学文学部助教授
●図版  
 特別出品  
 1 外光主義の呪縛の下で ヘルウィッグ・トッツ(牧野裕二・久慈伸一・塩田純一・龍野有子訳)
 2 ジャポニスムからモダニズムへ 同上
 3 アンソール芸術におけるグロテスクなもの 同上
●作品解説 同上
cat.nos.31,39-52解説:龍野有子
Introduction Herwig TODTS/curator of the Royal Museum of Fine Arts Antwerp
Three rooms with a view. Ostend as seen by James Ensor through the windows of his studios Norbert HOSTYN/director of the Municipal Museums in Ostend
1 Under the Spell of Pleiniarism Herwig TODTS
2 Japonisme to modernism Herwig TODTS
3 The Grotesque in Ensor's Art Herwig TODTS
Selected descriptions Herwig TODTS
●ジェームズ・アンソール年譜/Biography  
●主要参考文献  
●作品リスト/list of works  
編   集 塩田純一(東京都庭園美術館)・生田ゆき(三重県立美術館)・久慈伸一(福島県立美術館)・阿佐美淑子(北九州市立美術館)・牧野裕二(高松市美術館)・田口勝也(アプトインターナショナル)・角奈緒子(アプトインターナショナル)・森本陽貴(アプトインターナショナル)
編集協力:龍野有子
発   行 アプトインターナショナル 2005

年報

展覧会図録在庫一覧

ページのトップへ戻る