このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

エドゥアルド・チリーダ略歴

1924 1月10日、スペイン、バスク地方のサン・セバスティアンに生まれる。

1943 マドリード大学で建築を学ぶが、47年に退学する。

1947 建築学を諦め、デッサンおよび彫刻の制作を始める。

1948 パリで彫刻制作を始める。

1949 画家で友人のパラスエロとともにサロン・ド・メに出品。

1951 サン・セバスティアンに戻る。

1954 スペインで初の個展をマドリードのクラン画廊で開催。

1958 第29回ヴェネツィア・ビエンナーレで国際彫刻大賞受賞。

1966 ヒューストン美術館ほかアメリカ各地を巡回する回顧展が開催。

1972 西ドイツのウルム美術館でグラフィック作品の回顧展

1977 サン・セバスティアーンのドノスティア湾の突端の広場に 『風の櫛』 三部作を設置。

1979 ピッツバーグ美術館のカーネギー・インスティテュ−トで回顧展。

1980 グッゲンハイム美術館で回顧展。

1989 ボンの近代美術館で素描およびコラージュの回顧展

1991 第3回高松宮殿下記念世界文化賞受賞。

2000  サン・セバスティアン近郊エルナニに「チリーダ=レク美術館」オープン。

2002 8月9日、サン・セバスティアンで逝去。

2006  個展が長崎県美術館、三重県立美術館、神奈川県立近代美術館を巡回。


ページのトップへ戻る