このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

チリーダ国内主要参考文献

個展カタログ

『エドゥワルド・チリィーダ ドローイングと版画』、M. Gallery、1990年5月
  中原佑介、「チリィーダのペーパー・ワーク」
  篠田守男、「引力の彫刻」

『Eduardo Chillida』、ギャラリーところ、1992年5月
  ジェームズ・スウィーニー、「風の櫛−一つの解釈」
  ガブリエル・セラヤ、「チリーダの空間」


グループ展カタログ

『第10回東京国際版画ビエンナーレ展』、東京国立近代美術館、1976年11月、他

『スペイン20世紀美術展−ピカソ、ミロ、ダリとその時代』、西武美術館、1989年4月


単行書

新田博衞編、『藝術哲学の根本問題』、晃洋書房、1978年
  マルティン・ハイデッガー、竹市明弘訳、「藝術と空間」

『世界の広場と彫刻』、」中央公論社、現代彫刻懇談会編集、1983年

ガストン・バシュラール、渋沢孝輔訳、『夢みる権利』、筑摩書房、1987年(ちくま学芸文庫、1999年)
  バシュラール、「鉄の宇宙」

樋口正一郎、『バルセロナの環境芸術』、柏美術出版、1992年

ディーター・イェーニッヒ、嶺秀樹・孟真理・大津賀直訳、『芸術の空間 造形芸術の言語への道』、青弓社、1993年、第U章。

酒井忠康、『彫刻家への手紙 現代彫刻の世界』、未知谷、2003年
  酒井忠康、「E.チリーダの《風の櫛》をみた日のこと」

『三重県立美術館所蔵作品選集』、三重県立美術館協力会、2003年
  石崎勝基、「スペインの美術(現代)

水沢勉、津田孝二、『ベルリン美術散歩』、新潮社、2005年
  水沢勉、「ベルリン、再浮上する美術館都市」


逐次刊行物・新聞

瀧口修造、「ヴェニス・ビエンナーレ展に出席して 通信」、『讀賣新聞』、1958年6月23日
  *『点』、みすず書房、1963年、および『コレクション瀧口修造 T』、みすず書房、1991年、に再録

「高松宮殿下記念世界文化賞」、『産経新聞』、1991年11月2日

毛利伊知郎、「エドゥアルド・チリーダ『ビカイナ』(美術館だより)」、『中日新聞』(三重版)、2002年4月8日

樋口正一郎、「スペイン彫刻の巨匠 エドゥアルド・チリーダ氏を悼む」、『産経新聞』、2002年9月1日


逐次刊行物・雑誌

瀧口修造、「ヴェニス国際美術展」、『藝術新潮』、第9巻8号、1958年8月
(同p.186に展示写真、他方p.184の図版に「チリダ」とあるのは誤記)
* 『コレクション瀧口修造 T』、前掲書に再録

毛利伊知郎、「ヨーロッパ瞥見」、ひるふれんど(三重県立美術館友の会ニュース)、no.58、2001年11月

NHKテレビ スペイン語会話』、NHK出版、2005年11月


本リストは、図録所収の是枝開編になるリストに基づき、その後見出された文献を加えたものである。

ページのトップへ戻る