このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

光耀く命の流れ 20世紀日本美術再見T 1910年代

光耀く命の流れ 20世紀日本美術再見T 1910年代
展覧会期 1995年10月28日〜12月3日
図録 25.4×18.6p、 275ページ
多色43図、 単色232図
●あいさつ 三重県立美術館
中日新聞社
●1910年代の日本美術 酒井 哲朗/三重県立美術館長
図版
1   プロローグ
2   西洋の新たな発見と模索
3   個性主義の諸相    
 1 伝統の再解釈
 2 様々な実験
 3 創造の自覚−創作版画
 4 絵画としての写真
 5 工芸の個人主義
4   内的生命の表出
5   芸術と社会    
 1 生活と芸術
 2 「デザイナー」の誕生
 3 装幀の時代
 4 展覧会のデザイン

山口泰弘
田中善明

山口泰弘
田中善明
毛利伊知郎
毛利伊知郎
土田真紀
毛利伊知郎

土田真紀
土田真紀
土田真紀
土田真紀
●萬鐵五郎と岸田劉生にみられるデフォルマションの特色について 田中 善明/三重県立美術館学芸員
●風景の発見−日本画における風景画の成立 山口 泰弘/三重県立美術館学芸員
●1910年代の彫刻−ロダン受容の背景 毛利 伊知郎/三重県立美術館学芸課長
●工芸の個人主義 土田 真紀/三重県立美術館学芸員
●年譜  
●参考文献  
●出品目録  
編集 三重県立美術館
発行 (財)三重県立美術館協力会
 

年報

『1920年代展』(1996)図録

『1930年代展』(1999)図録

ページのトップへ戻る