このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

B−企画展8

【柳原義達デッサン展】

1999年4月7日(水)〜5月9日(日)
(県民ギャラリー)

【主催】…三重県立美術館+(財)岡田文化財団

【担当】…毛利伊知郎

◎戦後の具象彫刻界に大きな役割を果たした彫刻家柳原義達(1910〜)は、ほとんど毎日サインペンによるデッサンを続けており、優れた素描家としても知られている。

◎こうしたデッサンは、彫刻を制作するための前段階のもので、また対象を把握するための眼と手のトレーニングでもあるが、絵画作品としても非常に密度の高い表現を見ることができる。

今回の展覧会では素描家としての柳原義達に焦点を当てて、氏の初期から現在にいたるデッサン90点を紹介した。

主な新聞記事等

『新美術新聞』
4月1日(858号)…「柳原義達デッサン展」

図録

年報;『柳原義達展』(1996)

柳原義達についての記事一覧

ページのトップへ戻る