このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

B−企画展4

【ヒューマニズムの系譜−日本の具象彫刻10人展】

8月1日(土)〜9月6日(日)

【主催】…三重県立美術館+読売新聞中部本社+中京テレビ放送+美術館連絡協議会+日本の具象彫刻10人展実行委員会

【後援】…外務省+フランス大使館+ベネズエラ大使館

 

【協賛】…花王株式会社

 

【担当】…毛利伊知郎

【ポスターデザイン】…杉浦康平+谷村彰彦

 

◎明治末の1910年代以降、在野の青年彫刻家たちがロダンから強い影響を受け、ロダン以降のブールデル、マイヨール、デスビオらフランス近代彫刻も日本人彫刻家の強い関心を集めた。

◎この展覧会では、1930年代から50年代に、ヒューマンニズムの精神をいだきながら、人間の内実をリアルに表現しようとした在野の彫刻家たち10名の彫刻68点とデッサン26点によって、わが国の具象彫刻の展開の一面を紹介した。

出品作家

高田博厚、

菊池一雄、

 

本郷新、

 

山内壮夫、

 

柳原義達

 

佐藤忠良

 

舟越保武

 

吉田芳夫、

 

西常雄、

 

桜井祐一

 

関連事業

美術講演会

8月22日(土)…「日本におけるロダン以降」…講師=千田敬一(碌山美術館学芸員)

 

主な新聞記事

読売新聞

8月1日…「ヒューマリズムの系譜 日本の具象彫刻10人展」

 

 「日本の具象彫刻10人展に寄せて」毛利伊知郎

 

8月11日…「聖地フランスの息吹」毛利伊知郎

 

8月15日…「芸術家一族の中から」毛利伊知郎

 

8月17日…「屋外モニュメントに本領」毛利伊知郎

 

8月20日…「親友そしてライバル」毛利伊知郎

 

8月28日…「木彫と肖像、異色の存在」毛利伊知郎

 

日本経済新聞

8月27日…「日本の具象彫刻10人展」長谷川三郎

 

図録

 

ひるういんどno.64

毛利伊知郎 『「ヒューマニズムの系譜 日本の具象彫刻10人:1390s-1950s」の周辺』

  毛利伊知郎 「桜井祐一(1914-1981)《少年》(表紙解説)」

 

展覧会予告 毛利伊知郎 友の会だより no.48, 1998.7.23

ページのトップへ戻る