このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

教育普及

A.公開美術講座

第10回公開美術講座は、秋にひらかれた『20世紀日本美術再見T 1910年代 光り耀く命の流れ』に関連して、社会と美術の相関をさぐった。

テーマ:「1910年代日本文化の諸相」 受講者約100人

開催月日 講座名 講師名

11.4  1910年代と生命主義  鈴木貞美(国際日本文化研究センター助教授)
11.11  1910年代の音楽  中村洪介(中央大学教授)
11.18  ゴッホ受容  木下長宏(京都芸術短期大学教授)
11.25  1910年代日本画の動向  田中日佐夫(秋田県立近代美術館長)
12.2  1910年代の文化と装丁  山田俊幸(帝塚山学院大学専任講師)

B.移動美術館

人と風景」をテーマとして次のように開催した。

尾鷲市 11月10日−11月12日 尾鷲市民文化会館 観覧者数874名

玉城町 11月16日−11月19日 村山龍平記念館 観覧者数306名

C.団体解説会

1995年度も多くの団体入場者をみた。

そのなかで、希望する団体に対しては、団体解説を実施するとともに、映画「丘の上の美術館」の上映を行った。

D.日曜映画会

毎週日曜日、企画展覧会の内容にふさわしいテーマを選んで16ミリフィルムまたはビデオを上映した。

E.ミュージアム・コンサートの開催

すばる弦楽四重奏・コンサート 9月16日 255名

F.ハイヴィジョンルーム・AVコーナー

ハイヴィジョンルームにおいて静止画による美術番組の上映、AVコーナーにおける来館者の自由な選択による美術番組の鑑賞等、映像システムによる情報を提供している。

G.その他

  1. 小中高学生の無料入館
    教育活動として入館又は観覧する県内の小中高学生と引率の教職員は、無料となっている。
    1995年度入館者数
    全体 5680名   うち団体 4643名
  2. 県民の日記念・無料入館者
    984名
  3. ワークシートの作成
    各企画展開催時にワークシートを作成した。
ページのトップへ戻る