このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

B−企画展8

【麻生三郎展】

2月11日(土)〜3月12日(日)

【主催】…三重県立美術館+読売新聞中部本社+美術館連絡協議会+中京テレビ放送
【協賛】…花王株式会社

【担当】…東俊郎
【ポスターデザイン】…杉浦康平+谷村彰彦

◎麻生三郎(1913−)は、松本竣介らとともに戦中・戦後の洋画の展開に重要な役割を果たした画家の一人であり、既に80歳に達する高齢であるが、現在も旺盛な制作を行っており、本展は初期から最近作に至る代表作を紹介する。

関連事業

美術講演会
2月25日(土)…「麻生三郎のリアリズム」…講師=原田光(神奈川県立近代美術館学芸員)

主な新聞記事

読売新聞
2月9日…「麻生三郎展」 作品飾り付け
2月10日…麻生三郎展あす開幕 人間のいる風景みつづけ 絵を越え聖なるものへ誘う 東俊郎
2月11日…「麻生三郎展」レセプション きょう開幕
2月12日…麻生三郎展始まる
2月26日…麻生三郎展で講演 「人間とは」原田さん語る
ひと・人・ヒト 麻生三郎展
2月14日…「海」 東俊郎
2月15日…「男」 東俊郎
2月16日…「子供」 東俊郎
2月17日…「大きい手」 東俊郎
2月18日…「人」 田中善明
2月21日…「自画像」 山口泰弘
2月22日…「赤い空」 荒屋鋪透
2月23日…「人」 東俊郎

図録

東俊郎 麻生三郎展 むしやはなくさを とることは かたくおことわり いたします 友の会だより38号、1995・3・1

麻生三郎デッサン展(1997.9)

作家別記事一覧:麻生三郎

ページのトップへ戻る