このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

B−企画展7

【宮崎進展】

1995年1月4日(水)〜2月5日(日)

【主催】…三重県立美術館+宮崎進展実行委員会

【担当】…石崎勝基+毛利伊知郎
【ポスターデザイン】…杉浦康平+谷村彰彦

◎宮崎進(1922−)は、山口県の出身でシベリア抑留から帰国した後、本格的な作品発表を始めた。

具象画家として出発した宮崎は、近年は抽象的な傾向の作品を数多く製作している。

本展では新作を含む代表作95点を紹介した。

関連事業

美術講演会
1月14日(土)…対談 「宮崎進自己を語る」 宮崎進(画家)+毛利伊知郎(三重県立美術館学芸課長)

主な新聞記事

日本経済新聞
1月13日(夕)…「宮崎進展 人体素描に生命感」

朝日新聞
1月29日…漂泊促した重い原体験

図録

作家別記事一覧:宮崎進

ページのトップへ戻る