このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

B−企画展2

【鳥海青児展】

5月14日(土)〜6月12日(日)

【主催】…三重県立美術館+鳥海青児展実行委員会+中日新聞社

【担当】…東俊郎+森本孝
【ポスターデザイン】…杉浦康平+谷村彰彦

◎鳥海青児(1902-1972)は、神奈川県出身の洋画家で、戦前は春陽会、戦後は独立美術協会を主たる作品の発表の場とし、戦前から戦後にかけてわが国の洋画界に大きな足跡を残した重要な画家で、初期から晩年にいたる代表作120点によって、鳥海の画業を紹介した。

関連事業

講演会
6月4日(土)…「鳥海青児展について」…講師=原田実(平塚市美術館長)

主な新聞記事

中日新聞
5月3日…鳥海青児の全ぼう165点 14日から県立美術館で展示
5月13日…日本の洋画壇に独自の世界 あすから鳥海青児展
5月16日…"重ね塗り"の技法満喫 県立美術館で鳥海青児展 入館者の出足好調
5月15日…独自の色彩感覚165点 三重県立美術館「鳥海青児展」
5月20日…美術館だより「石を運ぶ」毛利伊知郎
6月3日…「スフィンクス」毛利伊知郎
島海青児展から 私の好きな作品
6月1日…「信州の畠(一)」出口明
6月2日…「石だたみ」原礼子
6月3日…「石を運ぶ」村主健太郎
6月4日…「ピカドール」田村敞子
鳥海青児展から 作品紹介
5月18日…「信州の畠(二)東俊郎
5月19日…「黄色い人」東俊郎
5月20日…「夜のノートルダ・ダム」森本孝
5月21日…「川沿いの家」荒屋鋪透
5月23日…「かぼちゃ」東俊郎

読売新聞
5月26日…と・う・か・い文化 島海青児展 三重県立美術館

京都新聞
6月4日…時代を超え心とらえる 島海青児展(F)

図録

 

ひるういんどno.47

東俊郎 「鳥海青児の『黒い絵』-鳥海青児展」

森本孝 「鳥海青児 『夜のノートルダム』(表紙解説)」

鳥海青児についての記事一覧

ページのトップへ戻る