このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

B−企画展2

【高田本山専修寺展】
−歴史と美術−

1991年5月10日(金)〜6月16日(日)
(企画第1〜3室)

【主催】…三重県立美術館+真宗高田派本山専修寺+(財)岡田文化財団+朝日新聞社

【担当】…毛利伊知郎+山口泰弘
【ポスター・カタログ表紙デザイン】…杉浦康平+谷村彰彦

◎真宗高田派本山専修寺は、津市の北方、一身田に広大な寺地を占め、伊勢地方を代表する寺院として、知られている。

専修寺には、親驚の書跡・文書をはじめ、中世・近世の様々な美術品が伝えられ、国宝・重要文化財に指定されたものも少なくない。

こうした専修寺伝来の文化財が一堂に公開されたことはこれまでなかったが、本展は、如来堂の修理工事が完成したのを記念して、専修寺伝来の様々な美術的・歴史的遺品を展示して、専修寺の歴史と美術について紹介した。

関連事業

講演会
5月18日(土)…「専修寺の名品から」 講師=小松茂美 古筆学研究所長

主な新聞記事

朝日新開
5月1日…「『高田本山専修寺展』を担当する県立美術館学芸貝毛利伊知郎さん(ひと)」
高田本山専修寺展から −歴史と美術−
5月15日…1.「阿弥陀三尊像」‥・毛利伊知郎
5月16日…2.「西方指南抄」・・・毛利伊知郎
5月17日…3.「後鳥羽院本三十六仙絵・中務」…山口泰弘
5月18日…4.「親鸞聖人消息第三適」‥・毛利伊知郎
5月19日…5.「善信聖人親鸞伝絵」・‥山口泰弘
高田本山専修寺展から
6月4日…1.「起承転結」…(栗)
6月5日…2.「眉キリリ」…(栗)
6月6日…3.「ミーハー心」…(栗)
6月7日…4.「二歳の伝説」…(栗)
6月8日…5.「掛け軸の傾ミ」…(栗)
6月9日…6.「俗っぼさ」…(栗)
6月10日…7.「平安美人」…(栗)
6月12日…8.「出勤表」…(栗)

産経新開
5月23日…「国宝や重文など112点 高田本山専修寺展 県立美術館」

図録

ひるういんどno.35(1991.7);毛利伊知郎 「展示と解説-高田本山専修寺展ににちなんで」

ページのトップへ戻る