このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

5.印象派の序詩 ヨンキント展

会期=昭和58年1月8日(土)〜2月13日(日)

会場=三重県立美術館(企画展示室)

主催=オランダ国立文化財コレクション
    三重県立美術館
    中日新聞社

後援= 外務省・文化庁・オランダ文化省・在日オランダ大使館
協力= KLMオランダ空港

毛利伊知郎、牧野研一郎

 フランス印象派が、近代絵画に大きな変革をもたらしたことはよく知られているが、この印象派の出現に先駆的な役割を果したオランダ生れの画家ヨハン・バルトルト・ヨンキントの存在は、従来あまり注目されていなかった。

 ヨンキシトは、ブーダンやモネとも交友があり、印象派の画家達に大きな影響を与えているが、本展では17世紀オランダ絵画の伝統と新しい造型感覚とが触け合った、日本では本公開の彼の作品145点に、モネ、ピサロ、シスレー、ブーダンなど印象派の作品10点を加えて展覧し、ヨンキントの芸術を回顧・展望した。

関連事業(講演会)

1月22日(土)
講演会「ヨンキントと印象派の画家たち」
講師 陰里鉄郎

主な新聞記事

読売新聞(大阪) 夕刊 1月28日 「印象派の先駆的存在  ヨンキント展」

中日新聞 夕刊 1月21日 「ヨンキントと印象主義」(二見史郎)
中日新聞 1月14日〜 「光と色の躍動  ヨンキント展から」
14日 「ロッテルダム港」(毛利伊知郎)
15日 「セーヌ川の日没(〃)
18日 「ドルドレヒトの風景」(〃)
20・・「カフェにて」(陰里鉄郎)
21日 「グルノーブル近郊の風景」(陰里鉄郎)
22日 「春の太陽」(森本学)
23日 「ヴァランジュヴィルの税関吏の小屋」(東俊郎)

出品目録

油彩

番号 作品 創作年 寸法(cm) 所蔵者

1 デルフトの運河 1844 23.5×31.5 市立美術館、ハーグ
2 古い搭 1845 28.0×35.0
3 岸辺の船 1845頃 24.5×32.5 市立美術館、ハーグ
4 自画像 1850頃 18.0×15.0 イクセーユ美術館、プルッセル
5 パリ、「セーヌ川での水浴」 1850 27.5×41.0
6 ランデルノーの通り 1851 60.5×44.0 市立美術館、ハーグ
7 ルーアン風景 1852 52.0×73.0 市立美術館、アムステルダム
8 夕暮れの港の風景 1852 43.5×62.0 国立クレラー・ミュラー美術館、オッテルロー
9 月夜のノトル・ダム 1854 47.0×73.5 サン・ドニー美術館、レーム
10 月夜のセーヌ川 1855 46.5×73.5 市立美術館、ハーグ
11 アントワープ港 1855頃 82.0×107 レンヌ美術館
12 ロッテルダム港の風景 1856 42.0×56.0 国立クレラー・ミュラー美術館、オッテルロー
13 ロッテルダム港 1856 42.0×56.5 市立美術館、アムステルダム
14 風車 1857 42.5×55.0 国立美術館、アムステルダム
15 オランダ運河の風景 1859 43.0×57.0 ジャック・ファン・リーン・マーストリヒト
16 ハーグ近郊の引き船道 1859 42.0×57.0 国立トゥヴェンテ美術館、エンスヘーデ
17 クラースワールの風景 1861 42.0×57.0
18 海岸の漁船 1861 41.5×56.0 国立クレラー・ミュラー美術館、オッテルロー
19 海の風景 1861 19.5×24.5 市立美術館、アムステルダム(VVHK)
20 サン・マルタン運河、パリ 1861 31.0×46.0 市立美術館、アムステルダム(VVHK)
21 乳母 1862 41.0×56.0 イヴォ・ボーマン・ギャラリー・ハーグ
22 サン・タドレス近郊の海岸の岩石 1862 33.0×46.0 国立トゥヴエンテ美術館、エンスヘーデ
23 スケートする人々 1863 85.0×115.0 E.J.ファン・ヴィッセンリンフカンパニー、アムステルダム
24 スケートする人々 1863 43.0×57.0
25 水門 1863 41.0×65.5 M.L.デ・ポリエルギャラリー、アムステルダム
26 トゥルネル河岸から見たノートル・ダム 1864 42.0×56.0 アシュモレアン美術館、オックスフィード
27 オンフルール港への入口 1864 42.2×56.2 シカゴ美術研究所、フランスH.ルイスB.ウッズ購入基金
28 オンフルール港からの出口 1864 33.5×43.5
29 オンフルール港からの出口 1865 33.0×47.0
30 ルーアン風景 1865 40.5×54.5 A.A.M.ライフロック、ヴァセンナール
31 オンフルール港からの出口 1865 33.0×47.5
32 オンフルール港 1865 29.0×39.5
33 オンフルールの港 1865 36.0×56.0 オランダ、ユリアナ王女殿下
34 サン・カントリーヌ教会、オンフルール 1865 41.0×56.0 K.H.ディッツェ・ハンブルグ
35 マースルイス近郊のスケートする人たち 1866 33.0×50.0 J.P.プラウム、カークラーデ
36 スヒー川沿岸 1866 33.0×53.0
37 ロッテルダム近郊のスヒー川でスケートする人たち 1866 58.5×72.0 リチャード・グリーン ギャラリー、ロンドン
38 ノートル・ダム通り 1866 39.0×47.0
39 サン・タドレス 1866 33.5×56.0 J.H.バッカー夫妻、エルデンハウト
40 オーヴァスヒー近郊の月の出(以前は日没と呼ばれた) 1867 32.2×45.2 ボイマンス・ファン・ブーニヘン美術館(ヴィレム・ファン・デル・フォルム財団)、ロッテルダム
41 サン・ジャック地区 1867 12.5×17.0 混合技法 カルナヴァレ美術館、パリ 
42 フランク・ブルジョア通りでの取りこわし 1868 34.0×42.0 市立美術館、ハーグ
43 セーヌ川の日没 1868 33.5×51.0
44 ドルドレヒトの風景 1869 53.0×82.5 E.J.ファンヴィッセリンフ カンパニー、アムステルダム
45 ドルドレヒトの川景色 1869 34.0×43.0 A.A.M.ライフロック、ヴッセンナール
46 ドルドレヒトの風景 1870 33.0×46.0
47 ルルク運河沿いの引き船道 1871 22.0×32.7 デトロイト美術研究所、アメリカ
48 デルフト郊外の通り 1871 29.0×46.0 A.A.M.ライフロック、ヴッセンナール
49 ロッテルダム近郊の川 1872 34.5×45.5
50 ニオンの城 1875 33.0×47.0
51 ポール・ロワイヤル新大通りのための取りこわし 1875 32.5×52.0
52 オンフルール港 1875 24.5×32.5 A.A.M.ライフロック、ヴッセンナール
53 オンフルール港 1876 35.0×44.0 市立美術館、ハーグ
54 ヴィリューの城 1877 16.0×27.0 R.ノートマン、ロンドン
55 ポール・ロワイヤル大通り 1877 33.5×52.0 市立美術館、ハ・[グ
56 メイヒングの城 1878 40.0×65.0
57 セレスティン河岸とマリー橋 1879 33.0×56.0
58 雪、オピタル大通り 1879 41.0×65.0
59 ラ・シオタ 1880 32.4×55.7 ボイマンスーファン・プーニンハン美術館、ロッテルダム
60 バルバンに通じる路上のロバに引かれた荷車 1883 33.0×47.5 市立美術館、ハーグ
61 「ボー・セジュール」の別荘に通じる道 1885 24.5×32.0 A.A.M.ライフロック、ヴァセンナール
62 ラ・プラス・サンタンドレ 1887 22.0×36.0
63 小作人デゾルモーの帰宅 1890 22.0×36.0

水彩

番号 作品 創作年 寸法(cm) 所蔵者

64 港の近くの風車 18431 11.7×25.8 市立美術館、ハーグ
65 多くの樹木のある風景 1844年頃 28.5×44.5 市立美術館、ハーグ
66 オランダ風景 1844年頃 20.0×30.0 市立美術館、ハーグ
67 波止場 1844 17.8×27.5 市立美術館、ハーグ
68 ヘット・ロー宮殿の正面 1848 29.0×47.5 オランダ・ユリアナ王女殿下
69 ヘット・ローの古い宮殿 1848 15.5×23.0 オランダ・ユリアナ王女殿下
70 森の中の観衆 31.0×43.0 オランダ・ユリアナ王女殿下
71 ヘット・ロー近郊の風景 1848 18.5×39.5 オランダ・ユリアナ王女殿下
72 鷹棚を持った少年 1848 18.5×23.0 オランダ・ユリアナ王女殿下
73 カフェにて 1849 17.0×21.0 シカゴ美術研究所、アメリカ美術後援会寄贈
74 パリのセーヌ河岸 1855年頃 33.0×50.5 ボイマンス・ファン・ブーニンヘン美術館、ロッテルダム
75 カフェ「ル・ロワ・デュ・デゼール」 1855 28.0×37.0 市立美術館、ハーグ
76 ファン・ストルクの製材所 1856 24.0×34.8 市立美術館、ハーグ
77 前景に家と運河のある、木々の背後の風車 1856年頃 20.5×32.0 市立美術館、ハーグ
78 ロッテルダム港の沖仲士たち 1857 22.5×41.5 市立美術館、ハーグ
79 ヤーゾン号 1857 26.5×25.0 市立美術館、ハーグ
80 ロッテルダムのホーフトボツト 1859 17.0×20.5 市立美術館、ハーグ
81 グラースのノートル・ダム教会 1864 22.5×33.0 ウージェーヌ・ヴィクトール・ソウ夫妻蔵・ニューヨーク
82 オンフルールの港で 1864 16.2×11.2
83 船着場の船 1865年頃 10.0×14.5 市立美術館、ハーグ
84 クラリングセ広場で 1866 14.0×20.5 ペン・鉛筆 ボイマンスーファン・ブーニンヘン 美術館、ロッテルダム
85 修道女通り、アントワーク 1866 26.0×44.0 市立美術館、ハーグ
86 スフェルト川にて 1866 26.0×41.0
87 ムードンのセーヌ川 1866 22.0×44.0
88 デルフト近郊の牧草地の風車、ロッテルダムの方向の眺め 1867 17.7×29.5 ボイマンスーファン・ブーニンヘン美術館、ロッテルダム
89 ロッテルダムのハリングブリート 1868 29.0×47.0 ボイマンスーファン・ブーニンヘン美術館、ロッテルダム
90 ロッテルダムのプラーク運河と取引所 1868 30.0×41.0
91 ネペール近郊の風景 1871 23.5×40.5 国立版画家、国立美術館、アムステルダム
92 ビュプチエールの城 1874 22.5×36.0
93 ビュプチエールの城のある風景 1874 11.0×18.0 ボイマンス・ファン・ブーニンヘン美術館、ロッテルダム
94 グルノーブルの近くのイゼール川 1875 22.5×45.0
95 荷馬車 1876年頃 11.0×18.0
96 ヴィリューの城 1876 11.0×18.5
97 リヨンへの途中にあるサオーヌの町 1876 11.0×18.0
98 沿道の家 1876 11.0×18.0
99 グルノーブル近郊の風景 1877 23.8×36.0 国立クレラー・ミューラー美術館、オッテルロー
100 バラドル湖 1877 14.5×24.0
101 ドフィネ風景 1877 20.3×43.2
102 ドフィネ風景 1878年頃 22.0×39.0 市立美術館、ハーグ
103 フェサー家の館 1879 21.0×37.0 E.J.ファン・ヴィセリンフ社、アムステルダム
104 マルセーユ 1880 18.0×47.8 ボイマンスーファン・ブーニンヘン美術館、ロッテルダム
105 ナルボンヌ 1880 16.8×36.7
106 ドフィネの農家 1882 15.0×48.0 M.L.ド・ボイヤーギャラリー、アムステルダム
107 バルバンへの道 1883 17.0×50.5
108 田舎の道 1885 17.0×24.0 国立クレラー・ミューラー美術館、オッテルロー109 サンタンドレ海岸 1885 16.8×23.0 国立クレラー・ミューラー美術館、オッテルロー

素描

番号 作品 創作年 寸法(cm) 所蔵者

110 斜めに繋留された船 1843年頃 19.0×29.0
111 引き船、アンリ4世河岸 1849 19.0×24.0
112 ルーアンの家並 1851 22.0×28.0
113 ルーアンの眺め 1851 27.0×38.0
114 サン・ヴァレリー・アン・コー 1852(あるいは1851) 26.0×37.0
115 レスタカード橋の築造 1852 27.0×43.0
116 洗濯船 1854年頃 27.0×38.0
117 洗濯船 1855 25.0×43.0
118 船のいる運河と工場の煙突 1854年頃 29.0×45.0
119 クラースワールの教会 1856 17.0×23.0
120 運河・船・牛と人物のいる風景 1856 15.0×23.0
121 造船所の船1857年頃35.0×32.0
122 ロッテルダム附近の風景 1858−1859 29.0×44.0 ボイマンス・ファン・ブーニンヘン美術館、ロッテルダム
123 サン・タドレスの浜辺 1862 25.0×32.0
124 空と海と海岸 1863
125 白い家 1863 23.0×37.0
126 ル・プードルー 1864 23.0×36.0
127 オンフルールの灯台 1864 28.0×49.0
128 埠頭の船 1867年頃 15.0×23.0
129 オンフルール港の右岸壁 1866 25.7×33.0
130 ノートルダムの給水塔とノートルダム橋 1867 26.0×37.0

エッチング

番号 作品 創作年 寸法(cm) 所蔵者

131 「オランダ風景銅版画集(6枚組)」扉絵 1862 14.0×22.0 市立美術館、ハーグ
132 川岸の船 1862 16.5×20.5 市立美術館、ハーグ
133 運河沿いの家 1862 16.0×20.0 市立美術館、ハーグ
134 乳母 1862 16.0×20.0 市立美術館、ハーグ
135 マースルイス近郊のスケートをする人たち 1862 22.0×31.0 市立美術館、ハーグ
136 繋留された船 1862 16.0×20.0 市立美術館、ハーグ
137 オンフルール港を出港する船 1863 22.0×30.0 市立美術館、ハーグ
138 オンフルール港からの出口 1864 22.7×30.2 市立美術館、ハーグ
139 オンフルールの木の桟橋 1865 22.0×30.0 市立美術館、ハーグ
140 オンフルールの鉄道路線のある埠頭 1866 25.0×32.0 市立美術館、ハーグ
141 オランダの風車 1867 13.7×18.8 市立美術館、ハーグ
142 アノトワープ港の日没 1868 15.0×23.0 市立美術館、ハーグ
143 フランク・ブルジョワ・サンマルセル通りでのとりこわし 1875 14.0×23.0 市立美術館、ハーグ
144 コシン病院を出る蔡列 1878 14.0×23.0 市立美術館、ハーグ

参考出品

番号 作品 創作年 寸法(cm) 所蔵者

145 ブーダン、L.E. ベネルヴィルの湾 1897 油彩・麻布 54.0×89.0  ボイマンス・ファン・ブーニンヘン美術館、ロッテルダム
146 イザベイ.ウジェーネ 港の光景 1848年頃 油彩・麻布 27.5×39.5  Twenth、国立美術館、エンスケーデ
147 モネ・クロード ヴァランジュヴィルの税関 1882 油彩・麻布 60.0×78.0 ボイマンス・ファン・ブーニン史の小屋 ヘン美術館、ロッテルダム
148 ナイエン.W.J.J. 嵐の中の川岸の町(ダンケルク防壁) 油彩画 66.0×86.0 立美術館、ハーグ
149 スヘルフハウト.A スヘーヴェニンヘンの浜辺 油彩・麻布 49.5×61.6 州所蔵美術品局、ハーグ、市立美術館、ハーグ寄記
150 ピサロ・カミーユ エラニーの花咲くリンゴの木 1895 油彩 46.0×55.0
151 シスレー・アルフレッド 春の太陽 1892 油彩 60.5×73.5
152 シスレー・アルフレッド サンマームのロワン河 油彩 38.6×55.6
153 モネ・クロード ヴェトゥイユ・水びたしの草原 1881 油彩 61.7×74.0
154 モネ・クロード テームズ河の橋 1900年頃 油彩 65.0×81.0
155 モネ・クロード ウォーターロー橋、煙る曇り日 1904 油彩 64.3×100.4
156 モネ・クロード 睡蓮 1908 油彩 101.0×90.0

図録

ページのトップへ戻る