このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

調査・研究

調査研究事業 (美術資料調査)

 美術館建設準備室時代(昭和55年度)から県内で所蔵される美術作品や、本県と関係ある作家についての調査を実施してきている。

 昭和55年度は、県内で所蔵される江戸時代絵画を対象とする調査を行った。伊勢、松阪市を中心とした中、南勢地域や桑名市・上野市等の所蔵者20余ヶ所において、近世絵画約400点の調査を行った。

 また、昭和56年度には、江戸時代から明治にかけて、三重県内で制作された万古焼の作品を対象とする調査を津市・四日市市で行った。

 更に、昭和57年度には、県内の社寺10箇所において、仏教絵画の調査を実施し、鎌倉時代から室町時代頃の作品40点を調査した。

 この他、三重県出身の木彫家・橋本平八や日本画家・宇田荻邨などの本県関係の作家についても、継続して調査を行ってきている。

 昭和58年度には、明治の絵画について調査・研究を行った。その内容は三重県にゆかりの深い、 藤島武二鹿子木孟郎らの作品を対象としたが、これ以外に、多くの作品の寄贈を受けた長原孝太郎に関して綿密な調査を行い、その結果を美術館ニュース「ひる・ういんど」に発表した。

 以上の他に、学芸員の館外研修活動として次の研修発表を行った。

毛利伊知郎「雲岡石窟第十九窟の千仏表現について」美学美術史研究論集創刊号(名古屋大学文学部美学美術史研究室)1982年。

中谷伸生 『聖ヨハネ黙示録』(形象社刊・三重県立美術館協力会発行)1984年。

1.昭和55年度(近世絵画)S55. 12〜S56. 3

調査員 成瀬不二雄(大和文華館)

 

河野元昭(名古屋大学)
調査箇所 照源寺・十念寺(桑名市)

 

 龍光寺・神館飯野高市神社 (鈴鹿市)

 

 朝田寺・継松寺・菅相寺・一乗寺 (松阪市)

 

 寂照寺・本誓寺・等観寺・神宮微古館 (伊勢市)

 

 西蓮寺・龍王寺 (上野市)

 

 その他 個人所蔵家

2.昭和56年度 (工芸)S57. 1〜3

調査員 河原正彦(京都国立博物館)

 

高田直彦(三重大学)

 

水谷英三(陶磁研究家)
調査箇所 津市・四日市市の個人所蔵家
3.昭和57年度 (仏教絵画)S58. 1〜3
調査員 江上綏・米倉迪夫 (東京国立文化財研究所)

 

有賀祥隆(奈良国立博物館)
調査箇所 徳連寺(員弁郡)

 

杉谷神社(名張市)

 

上宮寺(津市)

 

竜仙寺(有賀郡)

 

継松寺(松阪市)

 

浄土寺・浄光院・西導寺(多気郡)

 

金剛証寺(伊勢市)
ページのトップへ戻る