このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

【調査・研究】

A.論文等

毛利伊知郎、「高村光雲−その二面性」、『高村光雲とその時代』展図録、2002.4

東俊郎、「T 海が呼んだ旅のはじまり」、「U 光の探求と色彩の発見」(章解説)、『旅のシンフォニー パウル・クレー展』図録、2002.6

石崎勝基、「あわいよりあわあわと泡がたち」、『秋岡美帆展』図録、2002.6

毛利伊知郎「高村光雲《老猿》の周辺(『高村光雲とその時代展』より)」、『ひる・ういんど』no.73、2002.7.31

毛利伊知郎、「『三重の子どもたち展』について」、『三重の子どもたち展 発見!わたしの村 わたしの町』報告書、2002.12

下栄子、「いきなりワークショップ!」、『三重の子どもたち展 発見!わたしの村 わたしの町』報告書、2002.12

田中善明「高橋由一作《光安守道像》と《丁髷姿の自画像》(研究ノート)」、『ひる・ういんど』、no.74、2003.3.31

白石和己「新井謹也の文字文様陶芸(『新井謹也とその時代展』より)」、『ひる・ういんど』、no.74、2003.3.31


B.図録編集等

刊行物一覧】のページを参照。


C.作品解説等

刊行物一覧】のページおよび【展覧会について】各企画展のページ中の「主な新聞記事等」の欄を参照。他に;

1. 『中日新聞』(三重版)「美術館だより」

2002年4月8日…「小林研三『鳥』」東俊郎

     5月13日…「曾我蕭白『竹林七賢図』」東俊郎

     5月20日…「青木夙夜『琴棋書画』」佐藤美貴

     5月27日…「アルベルト・ジャコメッティ『室内の人物』」生田ゆき

     6月3日…「小川詮雄『漁村の夏』」田中善明

     6月10日…「ウィリアム・ブレーク『ヨブ記』」東俊郎

     6月17日…「エドゥアルド・チリーダ『ビカイナ』」毛利伊知郎

     6月24日…「月僊『東方朔図』」佐藤美貴

     8月19日…「平井憲迪『忘却のきざはし』」田中善明

     8月26日…「韓天寿『山水図』」毛利伊知郎

     9月2日…「黒田清輝『薔薇の花』」田中善明

     9月16日…「ロドルフ・ブレスダン『善きサマリア人』」生田ゆき

     9月23日…「藤島武二『セーヌ河畔』」田中善明

     9月30日・・・「斎藤清『会津の冬』」東俊郎

     10月7日…「宮崎進『捕らわれた男』」毛利伊知郎

     10月14日…「歌川広重『東海道五十三次(丸清版) 亀山』」佐藤美貴

     10月21日…「歌川広重『東海道五十三次(丸清版) 鞠子』」佐藤美貴

     11月4日…「オノレ・ドーミエ『征服者メネラオス』」生田ゆき

     11月18日…「曾我蕭白『旧永島家襖絵−牧牛図』」毛利伊知郎

     11月25日…「香月泰男『芒原』」東俊郎

     12月2日…「オノレ・ドーミエ『ペネロペイアの夜』」生田ゆき

     12月23日…「岩橋教章『鴨の静物』」毛利伊知郎

2003年1月13日…「宇田荻邨『木蓮』」東俊郎

     1月20日…「月僊『関羽図』」東俊郎

     1月27日…「オノレ・ドーミエ『アペレスとカンパスト』」生田ゆき

     2月3日…「湯浅一郎『茶店』」田中善明

     2月17日…「柳原義達『バルザックのモデルたりし男』」佐藤美貴

     2月24日…「藤島武二『日の出(伊勢朝熊山よりの眺望)』」東俊郎

     3月3日…「アントニ・タピエス『ひび割れた黒と十字』」石崎勝基

     3月17日…「オノレ・ドーミエ『古代史31 イカロスの墜落』」生田ゆき

     3月24日…「中西夏之『白いクサビ−日射の中で』」毛利伊知郎


2. 『友の会だより』

no.60(2002.9.3)…「魅力あふれる新しい美術館に」白石和己

           「クレー展の余白に」東俊郎

           「秋岡美帆展より」石崎勝基

           「【表紙解説】 増山雪斎《孔雀図》」佐藤美貴

no.61(2002.12.20)…「ニューヨーク美術事情U−クリスマスの頃−」桑名麻理

             「【表紙解説】 曾我蕭白 旧永島家襖絵《牧牛図》(部分)」佐藤美貴

KAWARA版2002冬号(no.9, 2002.12.20)…「三重県立美術館収蔵の藤島武二《大王岬に打ち寄せる怒濤》をめぐって」東俊郎

no.62(2003.3.31)…「ロスアンゼルス美術館紹介−西海岸からの風−」生田ゆき

            「三重県立美術館を探る[ 下栄子教育普及担当員に聞く」

            「【表紙解説】 前田青邨『春』」東俊郎


3. 『欅しんぶん』

no.134(2002.4.20)…「常設展示室から−橋本平八の木彫から」毛利伊知郎

no.135(2002.5.21)…「収蔵品展より」生田ゆき

             「阪神大震災のことと兵庫県立美術館」田中善明

no.136(2002.6.20)…「パウル・クレー 旅のシンフォニー」東俊郎

no.137(2002.7.21)…「光の間 制作ノート」秋岡美帆

no.139(2002.9.20)…「東海道五十三次から」佐藤美貴


D.その他の活動

生田ゆき

  1. 2002年度美術館員海外研修派遣(美術館連絡協議会) 派遣先:イギリス、ダリッチ美術館(他) 派遣期日:2002年11月〜2003年1月(3ヶ月) 研究テーマ:「17世紀バロック絵画研究」

石崎勝基

原稿
「お花畠で逢いましょう − 続・倫理よりりをとり輪舞輪唱」、『PAINT CLIMAX T.M.T LAST EXHIBITION』カタログ、T.M.T、2002.3

「仮面の孔の向こうから」、『片岡健二展』パンフレット、同時代ギャラリー、2002.5

「剣に生き・剣に斃れ 剣に斃れ・剣に生きの巻 − 続・影分身縁起」(栗本百合子展、染谷亜里可展、今村哲展、設楽知昭展)、『蟋蟀蟋蟀』、no.11、2002.11

「いっぱいの中でからっぽ 栗本百合子展“the warehouse”」、『REAR』、no.1、2003.1


毛利伊知郎

  1. 講演等
    「子どもたちと美術館」(都市環境ゼミナール)
       日時=2002.9.14 会場=三重県立美術館
  2. その他の活動
    「四日市市文化財保護審議会」−委員
    「四日市市立博物館資料評価委員会」−副委員長
    「アートのあるまちづくり研究会」(三重県)−副座長
ページのトップへ戻る