このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

 

森本孝 MORIMOTO Takashi

 

「川村清雄《ヴェネチア風景》(館蔵品から)」 ひるういんどno.2(1983.2)

宇田荻邨 − 生涯と芸術 宇田荻邨展図録 1983.3

「宇田荻邨」 ひるういんどno.4(1983.9

 
 

川喜田半泥子〜その人と芸術〜 川喜多半泥子展図録 1984.7

「川喜田半泥子」 ひるういんどno.7(1984.11)

 
 

「三重の子どもたち展」 ひるういんどno.8(1985.1)

「〈三重の子どもたち展〉 シンポジウムと講演会より」 ひるういんどno.10(1985.3)

橋本平八の生涯 橋本平八と円空展図録 1985.9

 
 

「橋本平八と円空」 ひるういんどno.14(1986.3)

ドイツでの研修を終えて 友の会だより no.11, 1986.3.20

作品解説 黒田清輝展図録 1986.5

「黒田清輝と明治の洋画界」 ひるういんどno.15(1986.7)

ドイツからかえって 友の会だより no.12, 1986.7.10

関根正二と大正期の洋画〜二科会を中心として 関根正二とその時代展図録 1986.9

第1部 関根正二出品目録解説 関根正二とその時代展図録 1986.9

三重の工芸 ― その現状と課題 三重の美術・現代 【工芸】展図録 1986.10

ドイツ旅行記 友の会だより no.13, 1986.11.5

 
 

[資料紹介]三重県における明治期工芸基礎資料について1 研究論集no.2 1987.3

「三重の陶芸」 ひるういんどno.18(1987.3)

片山義郎の彫刻について 片山義郎展図録 1987.6

「石井鶴三-その人と挿絵-」 ひるういんどno.19(1987.6)

 
 

(ひる・とおく) ひるういんどno.22(1988.3)

中谷 泰 初期の作品について 中谷泰展図録 1988.4

林義明の芸術と生涯 林義明展図録 1988.6

没後10年記念「自然の精を描いた―林義明」展  友の会だより18号、1988・7・23

「中谷泰『陶土』(表紙解説)」 ひるういんどno.23(1988.7)

 
 

「シャガール,マルク《枝 La Branche》(館蔵品から)」 ひるういんどno.25(1989.1)

「前田青邨 《春》(館蔵品から)」 ひるういんどno.27(1989.7)

窯別概説:伊賀信楽丹波 古伊賀と桃山の陶芸展図録 1989.9

(ひる・とおく) ひるういんどno.28(1989.10)

伊賀丸柱を訪ねて  友の会だより22号、1989・11・21

「伊賀焼の窯跡を訪ねて」 ひるういんどno.29(1989.12)

 
 

横山操から瀟湘八景の歴史を辿る 横山操・横山大観の瀟湘八景と近代の日本画展図録 1990.4

「横山操の瀟湘八景」 ひるういんどno.31(1990.6)

 
 

(ひる・とおく) ひるういんどno.34(1991.3)

間部時雄の辿った道 間部時雄展図録 1991.7

 
 

「三重県立美術館ヴォランティア『欅の会』 」 ひるういんどno.37(1992.1)

ミニ用語解説「小下絵・大下絵と本画」 友の会だよりno.29, 1992.3.17

川村清雄「ヴェネツィア風景」満谷国四郎「裸婦」 『125の作品・三重県立美術館所蔵品』 1992.4

「三重県立美術館と美術館教育」 「三重県立美術館のワークシート」  ひるういんどno.39(1992.5)

形と色に人の根源を探った荒木市三 荒木市三展図録 1992.7

常設1992年度第2期(1992.8) ■第3室:アメリカとヨーロッパの美術

 
 

常設1992年度第4期(1993.1) ■第2室:京洛の画家・荻邨と京都の日本画 川喜田半泥子の陶芸

江戸時代の伊勢型紙の背景を探る 伊勢型紙展図録 1993.4

主要作品解説 横山操展図録 1993.3

常設1993年度第3期(1993.9) ■第1室:大正・昭和初期の洋画

「フレネこども美術展」 ひるういんどno.45(1993.12)

 
 

作家訪問<1>森 一蔵  友の会だより35号、1994・2・25

「児島善三郎 『箱根』(表紙解説)」 ひるういんどno.46(1994.4)

1936年頃の鳥海青児 鳥海青児展図録 1994.4

「鳥海青児 『夜のノートルダム』(表紙解説)」 ひるういんどno.47(1994.7)

「わくわく美術・たんけんツァー」 ひるういんどNO.48(1994.10)

 
 

常設1994年度第4期(1995.1) ■第1室:昭和期の洋画、第二次世界大戦まで

ミニ用語解説「染付・青花」 友の会だよりno.38, 1995.3.1

常設1995年度第3期(1995.9) ■第2室:近代の日本画+橋本平八の木彫

三重県立美術館で初めてのワークショップ 友の会だよりno.40, 1995.12.10

 
 

あとがき 三重の子どもたち展 発見! わたしの村 わたしの町 記録集 1996.3

 
 

ワークショップを体験して 三重の子どもたち展 発見! わたしの村 わたしの町 ワークショップの記録 1997.3

 
 

『アントニオ・フォンタネージ「沼の落日」(館蔵品から)』ひるういんどno.59(1998.1)

川喜田半泥子《粉引茶碗 銘 雪の曙》 コレクション万華鏡 −8つの箱の7つの話 1998.9

常設1998年度第3期(1998.10) ■第2室:荻邨・小坡と京都の日本画

「川喜田半泥子展」友の会だより49号、1998・11・25

作品解説;宇田荻邨《林泉》 三重県立美術館所蔵作品選集 2003.10

 

その他、所蔵品解説の随所

 

番外篇

「川喜多半泥子の陶芸」、『川喜多半泥子展』図録、朝日新聞社、1991.10

「川喜多半泥子−雅趣ある陶芸」、『川喜多半泥子展』図録、名都美術館、1995.10

ページのトップへ戻る