このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

 

年報2016年度版 【再発見!ニッポンの立体】

2017年1月24日(火) -2017年4月9日(日) [全58日]

【会場】…三重県立美術館 企画展示室
【主催】…三重県立美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
【協賛】...ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜
【助成】...公益財団法人三重県立美術館協力会

【広報印刷物、パンフレットデザイン】…栗原幸治(クリ・ラボ)
【照明デザイン】…サムサラ ミュージック&アーツ

【担当】…毛利伊知郎、原舞子、田中善明、道田美貴、貴家映子


 

展覧会の概要

 わが国には古くから仏像、神像、人形、置物、彫物など多種多様な立体造形作品があった。しかし、明治時代に西洋彫刻が伝えられると、それら日本古来の立体造形作品は西洋的価値観に基づいて美術とそうでないものとに二分されることになった。
 近年、日本近代彫刻史研究が盛んになり、また日本の近代化が再検証される中、前近代以来の日本の立体造形についての認識の在り方も再検討されるようになった。本展覧会はそうした検証の一環として群馬県立館林美術館、静岡県立美術館との共同により企画された。展覧会は、彫刻、工芸といったジャンル分けではなく、序章(前近代の立体)と六つの章(1.西洋との出会い、2.似せることへの志向、3.似せることの対極、4.立体と平面の境界、5.愛らしき小さな立体、6.飾る立体)によって構成され、前近代から現代にいたる各種立体造形作品の特質を約150点の作品によって展望した。
 
【巡回館情報】
2016年7月16日(土)〜9月19日(月・祝) 群馬県立美術館
2016年11月15日(火)〜2017年1月9日(月・祝) 静岡県立美術館
2017年1月24日(火)〜4月9日(日) 三重県立美術館
 

会場風景

 

会期中のイベント

1)アーティストトーク

2月11日(土) 午後3時〜3時45分
アーティスト:保井智貴
参加人数:40人

2月25日(土) 午後3時〜3時45分
アーティスト:棚田康司
参加人数:40人

3月18日(土) 午後3時〜3時45分
アーティスト:中谷ミチコ
参加人数:45人
 

2)だるま絵付け体験

「高崎だるま」のミニサイズに水性ペンで模様を描いたり、布や紙をコラージュしたりして絵付けを体験。
場所:エントランスホール
参加無料・各日40個限定。

 

3)美術セミナー

1月28日(土) 午前10時〜午前11時30分
会場:亀山市市文化会館
講師:毛利伊知郎
内容:「再発見!ニッポンの立体」展にちなんで
参加人数:41人

 

4)ギャラリートーク

1月29日(日) 午後2時〜2時45分
担当:毛利伊知郎
参加人数:42人

2月12日(日) 午後2時〜2時45分
担当:毛利伊知郎
参加人数:34人

3月12日(日) 午後2時〜2時45分
担当:毛利伊知郎
参加人数:36人


3月26日(日) 午後2時〜2時45分
担当:毛利伊知郎
参加人数:35人

 

主な記事

読売新聞
2017.01.25  「日本の立体作品展 県立美術館で開幕」
2017.01.29  「古今の造形 ずらり154点」
2017.01.31  毛利伊知郎「阿弥陀如来化仏」(上)
2017.02.01  毛利伊知郎「松崎福松《野見宿禰と当麻蹶速》」(中)
2017.02.02  毛利伊知郎「沼田一雅《陶彫 胡砂の旅》」(下)
2017.02.12  「人体像「自然と共存 表現」 立体展に出展 保井さん思い語る」
 
中日新聞
2017.01.29  毛利伊知郎「大熊氏廣《木戸孝允胸像》」(美術館だより)※三重版(以下記載のないものすべて)
2017.02.05  毛利伊知郎「向井良吉《マネキン(FW−68)》」(美術館だより)
2017.02.19  毛利伊知郎「《木製阿弥陀仏》」(美術館だより)
2017.02.26  毛利伊知郎「四谷シモン《Simon Doll》」(美術館だより)
2017.03.05  道田美貴「河井寛次郎《鉄釉陶彫像》」(美術館だより)
2017.03.19  森耕一「津にアトリエ 彫刻家・中谷さん 独自の作風 思い語る」(三重版)
2017.03.19  貴家映子「棚田康司《卓の少年 月》《卓の少年 太陽》」(美術館だより)
2017.03.26  速水豊「山崎南海《牙彫自在海老》」(美術館だより)
2017.04.02  田中善明「宮川香山《葡萄鼠細工花瓶》」(美術館だより)
 
日本経済新聞
2016.09.07  窪田直子「彫刻の先入観覆す 「再発見!ニッポンの立体」展」
2017.03.01  天野一夫「西洋彫刻からはみ出る感性」(美術)
 
朝日新聞
2017.03.08  大野左紀子「百聞より一見 「分類」をやめてみたら」(百聞より一見)
 
毎日新聞
2017.01.28  毛利伊知郎「高村光太郎《兎》」(東海アート)
 
しんぶん赤旗
2017.02.03  「再発見! ニッポンの立体」展(美術)
 
三重ふるさと新聞
2017.02.09  「土偶・仏像・フィギュアまで 再発見!ニッポンの立体 三重県立美術館で開催中」
 
伊勢新聞
2017.01.25  海住真之「土偶や仏像、「ペコちゃん人形」 県立美術館 「立体」テーマの企画展」
 
信濃毎日新聞
2017.03.24  「三重で「ニッポンの立体」展 諏訪立川流2代目の狛犬も」
 
アートペーパー 名古屋市美術館ニュース no.104
2017春号 角田美奈子「展評 再発見!ニッポンの立体」


 

出品作品リスト

 

展覧会開催時のページ

 

展覧会図録

 

ページのトップへ戻る