このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

 

年報2016年度版 【石垣定哉展】

2016年10月8日(土) -2016年12月11日(日) [全56日]

【会場】 …三重県立美術館 企画展示室
【主催】 …三重県立美術館、中日新聞社
【後援】 …東員町、東員町教育委貴会、三重テレビ放送、三重エフエム放送
【助成】 …芸術文化振興基金、公益財団法人三重県立美術館協力会
【協力】 …日動画廊

【広報印刷物、パンフレットデザイン】 …則武輝彦(TENPO)
【照明デザイン】 …サムサラ ミュ-ジック&アーツ
【担当】 …田中善明、速水豊、毛利伊知郎


 

展覧会の概要

 三重県員弁郡東員町出身である石垣定哉(1947〜 )の初期から最近作までを一堂に紹介した。1966年に愛知県立芸術大学美術学部に入学した石垣は、大学時代は同時代の前衛美術に関心を寄せ、卒業直後にコールタールを使用した作品などを発表したが、1970年代前半から油彩画に回帰し、本格的な活動を開始した。1973年からは白日会へ出品するようになり、翌年初個展を開催した後、ヨーロッパ、続けてニューヨークに滞在して様々な模索を行った。
 1978年に帰国した後は故郷の風景や女性像などを制作するが、試行錯誤を繰り返す時代が続く。白日会や個展での作品発表、海外への取材旅行を重ねる内に、1980年代終わり頃から強い色彩を特徴とするようになる。そうした展開を決定的にしたのは、青年時代から幾度も訪れたニューヨーク・マンハッタンの風景を主題にした80年代末から90年代前半の半抽象的な作品であった。この頃になると、石垣は各種展覧会でも受賞を重ね、洋画界で注目を集めるようになった。
 木々が生い茂るバリ島やシンガポールを取材したパラダイス・シリーズ、そしてパリの踊り子たちを描いたクレージーホース・シリーズなど、新たな展開を見せた石垣だったが、しかし、順調であった画家を病魔が襲った。2008年4月、瀬戸内地方を旅行中に石垣は脳梗塞を発症、それでも2010年代前半には再起を果たした。
 今回の展覧会は、再起後初の大規模な個展となった。基本的に作品は80号大以上の大作を選定し、石垣のスタイルが確立した1980年代終わりごろからのニューヨーク・シリーズを第1章で紹介、その後パラダイス・シリーズ、フランスやドイツでのシリーズと続き、初期作品はあえて最後の章で紹介した。独自の色彩感覚をベースに、具象と抽象の狭間を大小の振幅をもちながら行き交ってきたこの画家の特質は、この展覧会である程度紹介できたであろうと思われる。幸い、東員町にゆかりのある篤志家よる同町の寄付金があり、町内の小学校5,6年生および中学生が美術館を訪れ、本展覧会を鑑賞する機会を得た。
 

会場風景

 

会期中のイベント

1)ミュージアム・コンサート

10月8日 14:00〜14:30
林峰男(チェロ) バッハ無伴奏組曲1、カサド 無伴奏組曲
秦加者: 219人
 

2)ギャラリートーク

10月23日(日) 14:00〜
担当:田中善明(学芸普及課長)
参加者: 42人
 

11月20日(日) 14:00〜
担当:田中善明(学芸普及課長)
参加者:48人

 

3)美術セミナー

11月6日(日) 13:00〜、 14:00〜
講師 田中善明(学芸普及課長)
参加者:合計89人
 

主な記事

中日新聞
2016.10.9 「描き続け50年 画業鮮やか 洋画家・石垣さん」
2016.10.16 広域三重版「『窓辺』石垣定哉 美術館だより」 (田中善明)
2016.11. 7 「脳梗塞から再起の画家東員の石垣定哉さん あふれる色彩の世界 津で回顧展『人生の変化』絵に表れる」
2016.10.23 広域三重版「『ニューヨーク(3部作I)』石垣定哉 美術館だより」 (田中善明)
2016.10.30 広域三重版「『光のスペクトル』石垣定哉 美術館だより」 (貴家映子)
2016.11.6 広域三重版「『月の山』石垣定哉 美術館だより」 (貴家映子)
2016.11.20 広域三重版「『クライスラービル朝陽』石垣定哉 美術館だより」 (速水豊)
2016,11.27 広域三重版「『パラダイス・イン・ウッズ(I)』石垣定哉 美術館だより」 (速水豊)
2016.12.4 広域三重版「『カサブランカ』石垣定哉 美術館だより」 (田中善明)

毎日新聞
2016.10.8 東海版「『Paradise in Woods(I)』石垣定哉」 <アート> (田中善明)

三重タイムズ
2016,11.14 「県立美術館『石垣定哉展』 色彩豊かな抽象作品/石垣定哉展特別ランチ フランス料理 ミュゼボンヴイヴァン」

月刊なごや
2016.11.1 No.410 「画業の全貌展観『石垣定哉展』開催中 代表作から新作まで、これまでの歩みを一堂に」

freek(フリーク)
2016.10.1 No.73 「石垣定哉《Dog With Manhattan》」 (田中書明)
2016.11.I No.74 「石垣定哉《鈴鹿晴れゆく》」 (田中善明)
2016,10.1日0.75 「石垣定哉《セーヌ川の風》」 (田中善明)

Hill Wind (三重果立実績館ニュース)
2016.11.1 No.39 「表紙解説『石垣定哉展』より 《アマルフィーへの道》」 (田中善明)
 

主な放映・放送

みえFM レディオキューブ MEリポート10月12日14:30〜
三重テレビとってもワクドキ! 「三重県立美術館速水豊館長に聞く」 10月14日18:00〜
NHK 東海ニュース(石垣定哉展) 10月29日 11:50〜

 

出品作品リスト

 

展覧会開催時のページ

 

展覧会図録

 

ページのトップへ戻る