このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

 

年報2016年度版 【丸沼芸術の森所蔵 ベン・シャーン展】

2016年7月9日(土)−9月25日(日)

【主催】…三重県立美術館、丸沼芸術の森
【助成】…公益財団法人三重県立美術館協力会、一般財団法人自治総合センター
【後援】…NHK津放送局、三重テレビ放送、三重エフエム放送
【担当】…鈴村麻里子、生田ゆき
【広報物デザイン】…上田英司(シルシ)
会場:企画展示室1−4室
 

展覧会の概要

帝政ロシア領のコヴノ(現リトアニアのカウナス)のユダヤ系家庭に生まれたベン・シャーン(1898−1969)は幼少期にアメリカに渡り、石版画工房での修練を経て画家としての活動を開始。1930年代に冤罪事件に取材した作品で注目を浴びた後、写真、壁画、グラフィック・アート等、あらゆる分野を横断しながら旺盛な芸術活動を展開した。本展では、シャーンの初期から晩年までの作品を揃える丸沼芸術の森コレクションから、水彩・素描、版画、写真等約300点を紹介した。
 茨城県近代美術館との巡回展である本展は「丸沼芸術の森所蔵 ベン・シャーン展 線の魔術師」(埼玉県立近代美術館、伊丹市立美術館、2012年)の構成を踏襲。各章の内容は、「アメリカ移住と修行の時代」(初期作品)、「社会問題への目」(冤罪事件を扱った作品等)、「雑誌や本のためのドローイング」、そして「ユダヤの神話や哲学への親しみ」。1940年代のポスターや、壁画の関連作品は、それぞれ一括して「社会問題への目」のセクションに、最晩年の『一行の詩のためには…:リルケ「マルテの手記」より』は最後の部屋に展示した。
 かつて日本で高い人気を誇った画家ベン・シャーンは、今なお強く支持されている印象を受けた。今回の展示は、作品が個性的であることによって、多くの人の心に訴える普遍性を獲得できる、と語ったシャーンの芸術の普遍性を強く実感する機会となった。
展示室から離れた美術体験室で各回別のテーマを設けて開催した「スライド・トーク」には、複数回出席する人の姿も多く見られた。
 

会場風景

 

会期中のイベント

1)記念講演会

9月18日(日)14:00−15:30
「ベン・シャーン 一篇の詩の最初の言葉が生まれるまで」
講師:荒木康子氏(福島県立美術館学芸員)
場所:三重県立美術館講堂
参加者数:69名
 

2)オープニング・ギャラリー・トーク

7月9日(土)14:30−15:15
講師:大竹輝明氏(丸沼芸術の森学芸員)
ベン・シャーン展および丸沼芸術の森の作家たち展について解説。
参加者数:68名
 

3)スライド・トーク

7月17日(日)「ベン・シャーン:弾劾する画家」 参加者数:14名
8月13日(土)「ベン・シャーンの壁画制作」 参加者数:25名
8月28日(日)「ベン・シャーン作品とユダヤ」 参加者数:29名
9月10日(土)「『ある絵の伝記』を読む」 参加者数:40名
いずれも14:00−14:40頃
講師:鈴村麻里子(三重県立美術館学芸員)
場所:三重県立美術館美術体験室
毎回異なるテーマで作家や作品についてお話しした。
 

4)美術セミナー「ベン・シャーン 人と芸術」

2016年7月24日(日)13:30−15:00
講師:鈴村麻里子(三重県立美術館学芸員)
場所:志摩市絵かきの町・大王美術ギャラリー2F展示室
主催:三重県立美術館友の会、三重県立美術館
共催:志摩市、公益財団法人三重県立美術館協力会
後援:志摩市教育委員会
担当学芸員によるレクチャー。
参加者数:64名
 

5)夏休みこどもひろば「もしもお空がとべたなら」

8月6日(土)、7日(日)13:00−15:00 ※各日同内容
三重大学教育学部生企画の小学生向けワークショップ。
参加者数:24名(6日)、23名(7日)
 

6)アーティストと行くお絵かきツアー

9月11日(日)13:30−15:00
講師:つつみあれい氏(絵本作家)
三重県総合文化センター主催の小学生向けワークショップ。参加希望者が定員を上回ったため抽選実施。
参加者数:20名
 

主な記事

中日新聞
2016.07.10  鈴村麻里子「戦後の完全雇用のために」(美術館だより)※三重版(以下記載のないものすべて)
2016.07.17  鈴村麻里子「連邦社会保障ビル壁画の『大工』の習作」(美術館だより)
2016.07.24  鈴村麻里子「ベン・シャーン展」より会場風景(美術館だより)
2016.07.31  鈴村麻里子「ジャージー・ホームステッズの壁画」(美術館だより)
2016.08.07  鈴村麻里子「絵本「梨の木にとまるヤマウズラ」のための下絵」(美術館だより)
2016.08.26  大島宏一郎「差別や貧困 捉えた絵 米社会派画家 ベン・シャーン」
2016.08.28  鈴村麻里子「父と子」(美術館だより)
2016.09.04  鈴村麻里子「槍に取り囲まれるハムレット」(美術館だより)
2016.09.18  鈴村麻里子「版画集「一行の詩のためには…:リルケ『マルテの手記』より」(美術館だより)
2016.09.25  鈴村麻里子「愛にみちた多くの夜の回想」(美術館だより)
 
毎日新聞
2016.07.23  鈴村麻里子「ベン・シャーン「父と子」 福竜丸事件 父の尊厳描く」(アート) ※東海版
 
読売新聞
2016.07.10  「社会問題 多彩に表現 県立美術館 ベン・シャーン展」※三重版
 

主な放映・放送

NHK
2016.07.27  ニュース内で取材映像を放映 ※同時開催の「丸沼芸術の森の作家たち展」について
 
三重エフエム放送
2016.07.13  「MIEリポート(リポーター:井上麻衣)」(「廣瀬隆のラジオ魂!」内)※中継取材
 
三重テレビ放送
2016.07.09  ニュース内で取材映像を放映

 

出品作品リスト

 

展覧会開催時のページ

 

展覧会図録

 

ページのトップへ戻る