このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

 

石垣定哉展

展覧会概要

会期 

2016年10月8日(土)-12月11日(日)
 

休館日

月曜日 
ただし10月10日(月・祝)は開館し、10月11日(火)は休館
 

パラダイスインウッズT
paradise in woods 1996年 個人蔵

観覧料

一般 900(700)円 学生 700(500)円 高校生以下無料

( )内は20名以上の団体料金、前売り料金

 

主な前売り券発売所

チケットぴあ、サークルKサンクス、セブン-イレブン他
 

・この料金で「美術館のコレクション」、「柳原義達の芸術」もご覧いただけます。
・学生の方は生徒手帳、学生証をご提示ください。
・障害者手帳等をお持ちの方および付き添いの方1名は観覧無料。
・教育活動の一環として県内学校(幼・小・中・高・特別支援)および相当施設が来館する場合、引率者も観覧無料(要申請)。
・家庭の日(10月16日(日)、11月20日(日))は団体割引料金でご覧いただけます。

・交通:近鉄、JR津駅西口から徒歩約10分。ご来館には公共交通機関をご利用ください。

 

主催その他

主催

三重県立美術館、中日新聞社

後援

東員町、東員町教育委員会、三重テレビ放送、三重エフエム放送

助成

芸術文化振興基金、公益財団法人三重県立美術館協力会

協賛

みずほ銀行、みずほ証券

協力

日動画廊

 

展覧会について

石垣定哉(1947〜 )は、現在の三重県員弁郡東員町の出身。子どもの頃から絵画制作を好み、1966年に愛知県立芸術大学美術学部に入学しました。大学時代は同時代の前衛美術に関心を寄せたこともありましたが、1970年代前半から油彩画を本格的に発表するようになります。1973年からは白日会へ出品するようになり、翌年初個展を開催した後、ヨーロッパ、続けてニューヨークに滞在して様々な模索を行いました。
1978年に帰国した後は故郷の風景や女性像などを制作しますが、試行錯誤を繰り返す時代が続きます。白日会や個展での作品発表、海外への取材旅行を重ねる内に、1980年代終わり頃から強い色彩を特徴とするようになります。そうした展開を決定的にしたのは、青年時代から幾度も訪れたニューヨーク・マンハッタンの風景を主題にした80年代末から90年代前半の半抽象的な作品でした。この頃になると、石垣は各種展覧会でも受賞を重ね、洋画界で注目を集めるようになりました。
しかし、順調であった画家を病魔が襲います。2008年4月、瀬戸内地方を旅行中に石垣は脳梗塞を発症、入院とリハビリの日々が続きましたが、2010年代前半には再起を果たします。
再起後初の大規模な個展となる本展覧会では、初期から壮年期までの代表作と病を克服して描かれた新作によって、石垣定哉の歩みを紹介します。

 
 


paradise in woods(T)
1996年 国立国際美術館蔵
 

イベント情報


ギャラリー・トーク

本展担当学芸員が、展示室内で作品や展示について分かりやすく解説します。
10月23日(日)、11月20日(日) いずれも14:00−
*企画展示室内にご入場いただくため、参加には企画展観覧券が必要です。
*事前申込不要、参加費無料

美術セミナー(場所:菰野町体育センター)

11月6日(日)13:30〜 14:30〜 各回定員50名
「画家・石垣定哉の世界」
講師=田中善明(三重県立美術館学芸員)
*事前申込不要、参加費無料

ミュージアム・コンサート

■林峰男(チェロ)
10月8日(日) 14:00から
場所:エントランスホール 入場無料










 

 



 




 


 
ページのトップへ戻る