このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

 

招き猫亭コレクション 猫まみれ展 ―アートになった猫たち 浮世絵から現代美術まで―

展覧会概要

会期 

2016年4月23日(土)-6月26日(日)
 

休館日

月曜日 但し、5月2日(月)は開館
*ゴールデンウィーク中は休まず開館します。

展覧会チラシ(両面)

高橋弘明《ジャパニーズ・ボブテイル》 

高橋弘明《ジャパニーズ・ボブテイル》 
1924年

観覧料

一般 1,000(800)円 学生 800(600)円 高校生以下無料

( )内は20名以上の団体料金、前売り料金

 

主な前売り券発売所

チケットぴあ、サークルKサンクス、セブン-イレブン他

 

・この料金で常設展示もご覧いただけます。

・学生の方は生徒手帳、学生証等をご提示ください。

・障害者手帳等をお持ちの方及び付添いの方1名は観覧無料。

・家庭の日(5月15日、6月19日)は、団体割引料金となります。

・交通:近鉄、JR津駅西口から徒歩約10分。ご来館には公共交通機関をご利用ください。

岩松(新田)道純《猫図[新田猫]》 江戸後期
岩松(新田)道純《猫図[新田猫]》
江戸後期

主催その他

主催

三重県立美術館、朝日新聞社

助成

公益財団法人岡田文化財団、公益財団法人三重県立美術館協力会 

協力

招き猫亭

企画協力

アートシード

歌川国芳《猫の百面相》 1840年代
歌川国芳《猫の百面相》
1840年代

展覧会について

 

各地のネコ好きが大絶賛の「猫まみれ」展がついに三重に上陸します。


ネコと美術を愛する謎のコレクター・招き猫亭は、19世紀末パリに活躍したスタンランから、江戸時代の浮世絵師 歌川国芳、そして現代の作家まで、幅広い分野のネコにまつわるアート作品を収集しています。本展は、そのなかから、350点以上の絵画や彫刻、版画作品をご紹介します。ネコ好きなら思わず納得のしぐさから、人間との多様な関係や神秘的な一面まで、大人から子どもまで全てのネコ好き、アート好きにお届けしたい、この動物の魅力がたっぷりつまった展覧会です。
ネコという一つのモチーフを通して、絵画や彫刻の様々な表現に触れることで、美術の新たな魅力を発見することにもつながると期待しています。


猫まみれ展作品リスト

椿貞雄《ころ座る図》 1940年
椿貞雄《ころ座る図》
1940年
*以上の作品はすべて招き猫亭コレクションです。

 

イベント情報

立川志の春 招福!猫の落語会

日時:4月29日[金・祝] 午後3時〜 *終了しました。

会場:三重県立美術館講堂

定員150名/入場無料 
※当日午前11時より受付で整理券を配布します。整理券はおひとり様につき2枚まで配布可。

 

浅生ハルミンさんと楽しむ「猫まみれ展」 

日時:5月7日[土]午後2時〜 *終了しました。

会場:美術館講堂

定員150名/入場無料 
※当日午前11時より受付で整理券を配布します。整理券はおひとり様につき2枚まで配布可。

 

三重県立美術館友の会主催 招き猫茶会

日時:5月14日[土]〜22日[日] *終了しました。

午前10時〜午後4時

会場:美術館エントランスホール
抹茶一服(茶菓子付)400円 ※立礼式
 

ギャラリートーク番外編「猫好きのためのアート&ブックガイド」

三重県立図書館を会場として、「猫まみれ展」出品作品のうち、本や物語にまつわる作品に焦点を当ててご紹介します。
展覧会担当学芸員と図書館司書による「猫本」のおすすめもあります。
日時:5月31日[火] 午後6時30分〜午後8時 *終了しました。
会場:三重県立図書館 1階閲覧室(津市一身田上津部田1234)
スピーカー:吉田映子(三重県立美術館学芸員)
定員50名(要申込) 参加無料

お申込み方法

お名前、ご連絡先を下記のいずれかの方法でご連絡ください。
※定員になり次第締め切らせて頂きます。
三重県立図書館「ギャラリートーク」係
【Tel】059-233-1181 【Fax】059-233-1191
【Mail】mie-lib@library.pref.mie.jp
【窓口】三重県立図書館カウンター
 


三重県立美術館友の会主催 ロシア映画 「こねこ〜旅するチグラーシャ〜」上映会

日時:6月12日[日] 午後2時〜 *終了しました。

会場:美術館講堂

定員:150名 / 入場無料


講座「猫による西洋美術史案内」

講師:吉田映子(三重県立美術館 学芸員)
日時:6月18日[土]午後2時〜

会場:美術館講堂 /定員:150名

入場無料


担当学芸員によるギャラリートーク

5月28日[土]、6月26日[日] いずれも午後2時〜

会場:企画展示室
各回40分程度で、それぞれ内容が異なります。

※要観覧券


オリジナルのネコ耳をつくって写真をSNSに投稿しよう!

会場:美術館エントランスホール 

※会期中随時/参加無料


ねこ割

ねこグッズを身に付けてご来場いただくと観覧料が100円割引になります。


あなたのにゃんこ、展示しませんか。

プリントアウトした自慢のネコ写真[10cm×15cm以内]をお持ちください。エントランスホールにて随時展示いたします。

会期中のみの受付で、返却はいたしません。

*受付はネコ1匹につき1枚まで、おひとり様につき3枚までとさせていただきます。




浅生ハルミン『猫は迷探偵』(2015年、竹書房・刊)装丁画
浅生ハルミン『猫は迷探偵』
(2015年、竹書房・刊)装丁画







小泉淳作《猫》1990年 リトグラフ 招き猫亭コレクション
小泉淳作《猫》
1990年

*以下の作品はすべて招き猫亭コレクションです。








稲垣知雄《猫の肖像》 制作年不詳
稲垣知雄《猫の肖像》
制作年不詳

 

 

 



 




 

スペシャル・ランチのご提供


レストラン「ミュゼ・ボンヴィヴァン」では、「猫まみれ展」開催期間中限定の特別ランチをご用意しています。

出口シェフがネコと暮らした頃の思い出をもとに、ネコの大好物をフランス料理に置き換えたら…と、想像を膨らませて出来上がったお野菜もたっぷりの魚介のコースです。展覧会と併せてお楽しみください。

〜Yakizakana〜
津の前浜より 白身魚のポワレ
野の草と野菜のマリネソース

〜Manma〜
魚介のリゾット
ベーコンのカプチーノと塩味のラングドシャ

〜Karikari〜
お麩のラスク
豆腐のフォンダンと蜂蜜しょうゆのグラスを添えて

珈琲または紅茶

2500円(税込)/一日限定30食

ご予約・お問合せ:ミュゼ・ボンヴィヴァン 059-223-7070
呉亜沙《Flying Cat》 2003年
呉亜沙《Flying Cat》
2003年
 

 
ページのトップへ戻る