文化財

Top

亀山藩御流儀心形刀流武芸形
かめやまはんおんりゅうぎしんぎょうとうりゅうぶげいがた

資料の概要

指定区分
指定種別 無形文化財(芸能)
指定・登録日 1975(S50)年3月27日
市町 亀山市
所在地 亀山市本丸町
所有者 心形刀流保存赤心会
員数 -
構造 -
年代 -
関係サイト
関連資料 -

概要

 亀山演武場に伝承される武芸の形である。伊庭是水軒秀明によって天和2(1682)年に開創されたものである。心形刀とは当時の諸流の刀法の粋を集めたものという意である。亀山藩士山崎雪柳軒が江戸で、家元八代伊庭軍兵衛秀業について、この流儀を究め、元治2(1865)年亀山に武道場を開設し、藩主に認められて剣術指南役となり、新陰流に代わって御流儀となった。維新以後、心形刀流の伝承者も少なくなり、僅かに亀山演武場で伝えられている。その内容は多岐にわたり抜合(居合)の他、大太刀、二刀、坐突、柄捕等の技が現在に伝えられている。

問い合わせ先:三重県教育委員会事務局 社会教育・文化財保護課
〒514-8570 三重県津市広明町13
電話番号:059-224-2999/ファックス:059-224-3023/E-mail:shabun@pref.mie.lg.jp
Copyright(C)2014. Mie Prefecture