文化財

Top

オンナイ念仏会
おんないねんぶつえ

資料の概要

指定区分
指定種別 無形民俗文化財
指定・登録日 1975(S50)年3月27日
市町 鈴鹿市
所在地 鈴鹿市三日市
所有者 如来寺(保持団体)
員数 -
構造 -
年代 -
関係サイト
関連資料 -

概要

 毎年8月に鈴鹿市三日市町の如来寺(にょらいじ)、太子寺の境内及び周辺街路にて行われる念仏行事で、東組、西組に分かれた三日市の人々が傘ぼこを中心に一団となり、常超院(じょうちょういん)、久右衛門前(きゅうえもんまえ)、半助前、太子寺前といった名称をもつ三日市の聖跡を巡り、それぞれの場所で傘ぼこの周囲にしゃがみ、鉦(かね)に合わせ、ゆったりと哀愁を帯びた調子で「おんない念仏」を唱える行事である。起源については、浄土真宗開祖親鸞上人の直弟子で、三日市で布教にあたっていた専修寺三世顕智(けんち)上人(1226~1310)が、延慶三年(1310)7月4日に如来寺で説法中、日没に至って村の南端「一ツ橋」を最後に行方がわからなくなり、村人は悲しみ、念仏を唱えながら、雨の中を捜したという伝説があり、「おんない」は「御身無」の音韻が変化したものと伝えられている。

問い合わせ先:三重県教育委員会事務局 社会教育・文化財保護課
〒514-8570 三重県津市広明町13
電話番号:059-224-2999/ファックス:059-224-3023/E-mail:shabun@pref.mie.lg.jp
Copyright(C)2014. Mie Prefecture