文化財

Top

榮花物語(富岡本)
えいがものがたり(とみおかぼん)

資料の概要

指定区分
指定種別 重要文化財(書跡・典籍)
指定・登録日 1959(S34)年6月27日
市町 四日市市
所在地 四日市市安島1-3-16  四日市市立博物館
所有者 個人
員数 10冊
構造 -
年代 -
関係サイト
関連資料 -

概要

 平安時代後期の歴史物語である栄花物語は、正編30巻、続編10巻から成り、その諸本は、古本系統(三条西本)、流布本系統(西本願寺本)、異本系統の三系統に大別される。古本系統・流布本系統は正・続40巻で構成されるが、異本系統は正編30巻のみで伝わっている。
 栄花物語(富岡本)は、京都富岡氏の旧蔵本(その前は広橋家旧蔵という)で、鎌倉時代(室町時代以前)の書写とされる異本中最古の写本である。全10冊に巻一「月宴」から巻三〇「鶴の林」まので30巻を納める(1冊あたり3巻所収)。胡蝶装、緞子唐草模様の表紙を装潢した大形本(第1冊:30.5cm×23.0cm)である。勘物・人名註記等を有し、文章・書体も祖本を忠実に書写したものと考えられている。数少ない異本系統本の中で、最古の完本として貴重とされる。

問い合わせ先:三重県教育委員会事務局 社会教育・文化財保護課
〒514-8570 三重県津市広明町13
電話番号:059-224-2999/ファックス:059-224-3023/E-mail:shabun@pref.mie.jp
Copyright(C)2014. Mie Prefecture