文化財

Top

日神石仏群 附 種子碑ほか
ひかわせきぶつぐん

資料の概要

指定区分
指定種別 有形文化財(彫刻)
指定・登録日 1969(S44)年3月28日
市町 津市
所在地 津市美杉町太郎生字日神
所有者 日神区
員数 7躯/3基
構造 -
年代 鎌倉時代(後期)~南北朝時代
関係サイト
関連資料 -

概要

 日神の仲善寺の西方墓地に存在する。平家六代君の墓という伝承があるが、同様の伝承は嬉野町日川所在の石塔群などにもある。日神石仏群は像高約70cmの阿弥陀如来坐像を中心に、鎌倉末期から室町初期頃の阿弥陀・薬師・地蔵などの立像が並んでいる。また、六代君の墓の伝承を持つ五輪塔2基もある。この五輪塔の1基は高さ約100cmで、南北朝時代頃の優品である。これらの石造物はいずれも地元で産出される大洞石と呼ばれる溶結凝灰岩で製作されている。日神にはこの他に鎌倉末期頃を中心とした種子碑・石仏・石幢など多数あり、これらを生み出した文化史的背景は興味深い。

問い合わせ先:三重県教育委員会事務局 社会教育・文化財保護課
〒514-8570 三重県津市広明町13
電話番号:059-224-2999/ファックス:059-224-3023/E-mail:shabun@pref.mie.lg.jp
Copyright(C)2014. Mie Prefecture