文化財

Top

唐冠形兜(含頬当)
とうかんなりかぶと

資料の概要

指定区分
指定種別 有形文化財(工芸品)
指定・登録日 1994(H6)年3月9日
市町 伊賀市
所在地 伊賀市上野丸之内
所有者 伊賀市
員数 1頭
構造 -
年代 戦国時代末期(桃山時代)
関係サイト
関連資料 -

概要

 藤堂高虎が豊臣秀吉から拝領し、その後高虎から家老の藤堂玄蕃が受領したと伝えられている。その後は代々藤堂家に伝来し、昭和54年に藤堂明保氏から上野市に寄贈されたものである。兜鉢と平ら小札を紐でおどした兜は、いずれも錆下地黒漆塗りで、兜鉢の頂上部に木製錆下地黒漆塗りの巾子を装着する。
 戦国時代末期には、従来の黒兜や筋兜の形態と全く趣を異にした新形式の兜が流行し、戦陣での奇抜さを競うようになった。この兜も異形兜と呼称される変わり兜の典型的な例である。

問い合わせ先:三重県教育委員会事務局 社会教育・文化財保護課
〒514-8570 三重県津市広明町13
電話番号:059-224-2999/ファックス:059-224-3023/E-mail:shabun@pref.mie.lg.jp
Copyright(C)2014. Mie Prefecture