文化財

Top

田光のシデコブシ及び湿地植物群落
たびかのしでこぶしおよびしっちしょくぶつぐんらく

資料の概要

指定区分
指定種別 天然記念物
指定・登録日 2005(H17)年3月2日
市町 菰野町
所在地 三重郡菰野町田光字西北山・東北山・北山
所有者 田光区、菰野町、個人
員数 -
構造 -
年代 -
関係サイト
関連資料 -

概要

シデコブシは、三重県、愛知県、岐阜県などの東海地方の湿地性の丘陵地や低山地に特異的に分布するモンレン科の落葉性小高木である。東海地方の周伊勢湾地域には湿地性の丘陵地や低山地を中心として生育する固有、準固有または隔離分布する植物群があり、東海丘陵要素と呼ばれている。
シデコブシは、田光川の支流の湧水を伴う谷筋の丘陵地に群生し、帯状に約900mにわたって広がっている。以前は、支流の水としみ出し水を利用して、小規模な水田が多数耕作されていたが、現在では完全に耕作放棄され二次遷移が進んでいる。この段丘下部の砂礫層からしみ出した水により湿潤状態になったところに、シデコブシが群生している。指定地内にシデコブシは約200株生育しており、胸高直径は5センチメートルほどの株が多く、大きいものでは20センチメートル以上のものも見られる。
谷斜面には、湿地性植物群落があり、東海丘陵要素であるシラタマホシクサやミカワバイケイソウ、ヘビノボラズなどの東海地方特有の植物をはじめ、ミズギク、イワショウブ、ミカヅキグサなどの氷期遺在種的な植物、カザグルマ、トキソウ、サワシロギク、ショウジョウバカマ、トンボソウ類、ミミカキグサ類、モウセンゴケ類などの希少で学術上の価値が高い植物が見られる。

問い合わせ先:三重県教育委員会事務局 社会教育・文化財保護課
〒514-8570 三重県津市広明町13
電話番号:059-224-2999/ファックス:059-224-3023/E-mail:shabun@pref.mie.jp
Copyright(C)2014. Mie Prefecture