文化財

Top

常光坊谷4号墳出土品
じょうこぼだに4ごうふんしゅつどひん

資料の概要

指定区分
指定種別 有形文化財(考古資料)
指定・登録日 1997(H9)年3月6日
市町 松阪市
所在地 松阪市外五曲町
所有者 松阪市
員数 6種73点
構造 -
年代 -
関係サイト
関連資料 -

概要

 常光坊谷4号墳から発掘調査によって出土した埴輪一括である。内訳は、円筒埴輪・朝顔形埴輪のほか、形象埴輪として人物5点(男子2点・女子3点)・馬2点・鶏2点(雌雄各1点)・家1点がある。形象埴輪の一括出土例としては、三重県下だけだなく、広く東海地方を見渡しても珍しいものといえる。特に人物埴輪には入れ墨・大きな髷・美豆良などの表現が見られ、古墳時代の装いを知る上でも貴重な資料となる。
 常光坊谷4号墳は、松阪市岡本町字常光坊谷(現平成町)地内の谷へ突き出た丘陵斜面に築造された小規模古墳群中の1基で、直径約17.5mの円墳であった。宅地造成工事に先行して昭和63年に発掘調査が実施された。その結果、周溝と円筒埴輪列を伴う木棺直葬墳と確認された。形象埴輪は、周溝内の一画からまとまって出土した。埴輪以外の出土遺物には、須恵器・土師器・鉄器・石製品等がある。古墳の築造時期は、出土した土器から5世紀末頃と考えられる。

問い合わせ先:三重県教育委員会事務局 社会教育・文化財保護課
〒514-8570 三重県津市広明町13
電話番号:059-224-2999/ファックス:059-224-3023/E-mail:shabun@pref.mie.lg.jp
Copyright(C)2014. Mie Prefecture