文化財

Top

鬼ヶ城暖地性シダ群落
おにがじょうだんちせいしだぐんらく

資料の概要

指定区分
指定種別 天然記念物
指定・登録日 1928(S3)年1月18日
市町 南伊勢町
所在地 度会郡南伊勢町押淵字鬼ヶ城
所有者 -
員数 -
構造 -
年代 -
関係サイト
関連資料 -

概要

 南勢町と南島町の境界に当たる度会山地の北斜面に、昔、鬼が住んでいたという伝説のある奥行き9mほどの洞穴があるが、その付近一帯は絶壁が多く、その岩上には暖地性羊歯植物が豊富に生育している。
 主要なシダ類はヌカボシクリハラン、ハカタシダ、ナチシダ、ナチクジャク、オオフジシダ、アツイタ、キクシノブ等で、特にキクシノブは岩面に良く発達し、アツイタも急斜面に多く見られる。

問い合わせ先:三重県教育委員会事務局 社会教育・文化財保護課
〒514-8570 三重県津市広明町13
電話番号:059-224-2999/ファックス:059-224-3023/E-mail:shabun@pref.mie.jp
Copyright(C)2014. Mie Prefecture