文化財

Top

小川郷の火打石
おがわごうのひうちいし

資料の概要

指定区分
指定種別 天然記念物
指定・登録日 1938(S13)年3月17日
市町 度会町
所在地 度会郡度会町火打石字彦山
所有者 個人
員数 -
構造 -
年代 -
関係サイト
関連資料 -

概要

 大字火打石の集落から渓流左岸沿いに約2500m程山道を登った、字彦山地内に所在する燧石の孤立した岩塊で、円形状に高さ2.3m、縦2.7m、横2mが露出している。
 表面は多少風化しているが、所々に灰黒色半透明で鈍い玻璃光沢を有した亀裂が見られる。伝説によれば、倭姫命が斎宮として大和から伊勢に向かう途中に、この地を通り火打石を求められ、以来毎年神宮に奉納をおこなったという。

問い合わせ先:三重県教育委員会事務局 社会教育・文化財保護課
〒514-8570 三重県津市広明町13
電話番号:059-224-2999/ファックス:059-224-3023/E-mail:shabun@pref.mie.lg.jp
Copyright(C)2014. Mie Prefecture