文化財

Top

松坂城跡
まつさかじょうあと

資料の概要

指定区分
指定種別 史跡
指定・登録日 1952(S27)年7月9日
市町 松阪市
所在地 松阪市殿町
所有者 松阪市
員数 -
構造 -
年代 安土桃山時代
関係サイト
関連資料 -

概要

 松坂城跡は、現在の松阪市街地の標高38m程の独立丘陵に立地する城跡である。天正16年(1588)頃に豊臣秀吉の家臣蒲生氏郷(がもううじさと)が、それまでの居城であった松ヶ島城から、移すかたちで築城を開始し、その後も服部一忠、古田重勝などの豊臣大名が城主となって造営を続けたとされる。
 城の最上部にある天守台には、自然石積の古風の石垣が築かれており、天正7年(1579)銘がある瓦、金箔瓦や礎石建物が確認されるなど、織豊期の城郭によく見られる特色を備えている。
 江戸時代に入り和歌山藩領になると、松坂城には城代が配され、城内には和歌山藩主の宿泊施設などが設けた。
 このように、松坂城跡は豊臣政権が造営した城として、また江戸時代における和歌山藩の伊勢国での統治の拠点として、我が国の歴史において重要な位置を占めている重要な城郭である。

問い合わせ先:三重県教育委員会事務局 社会教育・文化財保護課
〒514-8570 三重県津市広明町13
電話番号:059-224-2999/ファックス:059-224-3023/E-mail:shabun@pref.mie.lg.jp
Copyright(C)2014. Mie Prefecture