文化財

Top

銅造千手観音立像
どうぞうせんじゅかんのんりゅうぞう

資料の概要

指定区分
指定種別 有形文化財(彫刻)
指定・登録日 1955(S30)年4月7日
市町 玉城町
所在地 度会郡玉城町田丸
所有者 個人
員数 1躯
構造 -
年代 中国・清時代
関係サイト
関連資料 -

概要

 総高台座共104cm、蝋型鋳造。正面だけでなく、四方に同じ千手観音像を配して、沢山の脇手が円い光背のように出て、各掌には目を描いた風変わりな像である。頭、胴、台座を一鋳とし、手及び化仏は別に鋳て胴や頭についでいる。全体に粉溜とし、眼、口、髭、掌、持ち物等には簡単な彩色が施されている。頭上には化仏四つをつけ、各尊とも第一手合掌、第二手宝鉢を持ち他は左右に各6本づつ脇手を出し、その間に小手を入れ、丁度円い光背の様になっている。
 作風から、中国の清代頃の作と考えられている。

問い合わせ先:三重県教育委員会事務局 社会教育・文化財保護課
〒514-8570 三重県津市広明町13
電話番号:059-224-2999/ファックス:059-224-3023/E-mail:shabun@pref.mie.lg.jp
Copyright(C)2014. Mie Prefecture