文化財

Top

多度大社 上げ馬神事
たどたいしゃ あげうましんじ

資料の概要

指定区分
指定種別 無形民俗文化財
指定・登録日 1978(S53)年2月7日
市町 桑名市
所在地 桑名市多度町多度
所有者 多度大社
員数 -
構造 -
年代 -
関係サイト
関連資料 -

概要

 多度大社は、北伊勢大神宮とも称されるほど勢力があった式内の古社である。多度大社の大祭は、例年5月4~5日で、昔よりこの祭が終わると田の仕事が忙しくなると言われてきた。神事は上げ馬とやぶさめである。農民は上げ馬の状況を見て、その年の豊凶を占ったという。上げ馬は本来は神に良馬を献ずるものであったが、後世変化して土壁を駆け上がる形になった。信仰的な競技で、氏子各村から神馬を出し、競わせて急峻な坂を上がらせるもので、騎手は各字の少年で、首尾よく上がることが豊作のしるしである。昔は頭屋制であり、さらに古くは宮座があったものと考えられる。

問い合わせ先:三重県教育委員会事務局 社会教育・文化財保護課
〒514-8570 三重県津市広明町13
電話番号:059-224-2999/ファックス:059-224-3023/E-mail:shabun@pref.mie.lg.jp
Copyright(C)2014. Mie Prefecture