このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

サイト内検索

三重県総合博物館 > 三重の実物図鑑 特集展示「三重の縄文時代」の開催について

平成30年10月16日

三重の実物図鑑 特集展示「三重の縄文時代」の開催について

 三重県総合博物館(MieMu)では、三重県埋蔵文化財センターが保管する考古資料の中から、装飾性の高い縄文土器をはじめ、縄文人の道具や食生活、お墓にまつわる出土品約120点を、県指定有形文化財となった天白遺跡の出土品30点とともに紹介します。

1 期間
  平成30年10月23日(火)から12月16日(日)までの開館時間中

2 場所
  三重県総合博物館3階 三重の実物図鑑人文コーナー(津市一身田上津部田3060)
  どなたでも無料でご覧いただけます。

3 概要
 1)暮らしの道具
    新徳寺遺跡(多気町)や大鼻遺跡(亀山市)などから出土した暮らしにかかわる縄文土器、粥見井
   尻遺跡(松阪市)や木造赤坂遺跡(津市)から出土した矢じりや斧・槍などの石器を展示します 。

2)祭祀・お墓
   天白遺跡(松阪市)から出土した祭祀に用いた土偶や石棒、上ノ垣外遺跡(多気町)や小牧南遺跡
  (四日市市)から出土した装身具などを展示します。

 3)地域間交流
   縄文時代は、遠隔地との地域交流が盛んでした。発掘調査で出土した石の矢じりや縄文土器など
  から、その交流の広がりを紹介します。


関連リンク

地図情報


ページID:000219928