三重県総合博物館 > 「身近な冬鳥を観察しよう」の参加者を募集します

平成28年10月22日

「身近な冬鳥を観察しよう」の参加者を募集します

 三重県総合博物館(MieMu)では、子どもたちの自然に対する観察眼を養い、身近な自然への興味関心を高めることを目的として、フィールドワークを開催しています。今回は、日本野鳥の会三重とともに、三重県総合博物館周辺の冬鳥を観察し、体型や生態について学びます。ぜひ、ご参加ください。
1 開催概要
(1)日時:平成28年12月17日(土)午前9時30分から午前11時まで
      ※雨天および強風の場合は中止します。その際はホームページで周知を図るとともに、参加
      者には当日午前7時までに連絡します。
(2)場所:三重県総合博物館のミュージアム・フィールドと周辺のため池
      ※集合場所は三重県総合博物館2階エントランスホール(津市一身田上津部田3060)
(3)内容:ミュージアム・フィールドと周辺のため池を散策しながら、鳥を観察します。
(4)講師:平井 正志(ひらい まさし)(日本野鳥の会三重)
       北村 淳一(きたむら じゅんいち)(三重県総合博物館 学芸員)
(5)参加費:無料
(6)定員:30名
(7)対象:小学生以上(小学生は保護者同伴)
(8)服装:防寒具をご用意ください。
(9)持ち物:双眼鏡・マイクロスコープ・雨具など、お持ちの方はご持参ください。
       ※ 双眼鏡とマイクロスコープをお持ちでない方には、博物館のものを貸し出しますので、
       お申し込みの際にお知らせください。
(10)その他:散策コースにはトイレがありませんので、予めご了承ください。
(11)主催:日本野鳥の会三重・三重県総合博物館

2 申し込みについて
(1)期間:平成28年11月26日(土)まで(必着)
(2)方法:往復ハガキまたはメール
      ハガキ宛名またはメール件名に応募するイベント名を、往信面またはメール文面に参加者全
      員の氏名、年齢、代表者の住所、当日の朝に連絡がとれる電話番号および、万が一、フィー
      ルドワーク中に緊急事態が起こった場合の連絡先(本人以外)をご記入ください。なお、応
      募多数の場合、抽選となります。抽選の結果は、返信ハガキまたはメールにて締切日から1
      週間の間にご連絡します。
      ※1件で申し込めるのは、4名までです。
(3)申し込み・問い合わせ先:
       〒514−0061 三重県津市一身田上津部田3060
       三重県総合博物館(MieMu)「身近な冬鳥を観察しよう」係
       e-mail MieMu@pref.mie.jp  電話 059−228−2283


ページのトップへ戻る