三重県総合博物館 >  所蔵資料検索 >  所蔵資料検索(歴史的公文書) >  所蔵資料一覧(歴史的公文書) >  鳥羽城之絵図

鳥羽城之絵図


資料番号

KM0003466

資料名

鳥羽城之絵図

指定等

県指定

資料解説

鳥羽城は、九鬼嘉隆によって1594年(文禄3)に築城され、大手門が海に向く、いかにも水軍九鬼氏にふさわしい城です。絵図には作成年代の記載はありませんが、侍屋敷に記されている人名から、板倉重治が藩主であった1710年(宝永7)から1717年(享保2)の間に描かれたことが分かります。板倉氏の亀山転封により山城国淀城主戸田光慈が鳥羽城主となる際、引き継ぎのために作成されたものかもしれません。絵図中には、何か所かに「流出屋敷」とか「此櫓流失」といった書き込みが見られます。これは、1707年(宝永4)の大地震による津波の被害と、それが完全に復旧していないことを示しています。
閲覧可否 要予約

ページのトップへ戻る