このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

三重県総合博物館 > スケジュール > 企画展示 > 交流展 伊勢型紙の技と模様

団体との交流展

伊勢型紙の技と模様

期間:平成30年3月15日(木)〜3月21日(水・祝)

【内容】

展覧会概要

伊勢型紙は、着物の柄や紋様の染色に用いる型紙で、起源は平安時代にさかのぼるといわれ、江戸時代に花開きました。19世紀中〜後半に西洋の工芸・デザインにも影響を与えた精巧で緻密な技や図柄の芸術性が、近年再び見直され、国内外を問わず高く評価されてきています。伊勢型紙の技と紋様に焦点をあて、伊勢型紙の文様の数々を紹介します。

【観覧料】

無料

【会場】

三重県総合博物館(MieMu) 2階交流展示室

【関連イベント】

少々お待ちください。

ページのトップへ戻る