このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

三重県総合博物館 > スケジュール > 企画展示 > 交流展 よみがえる半泥子の千歳山荘展

団体との交流展

よみがえる半泥子の千歳山荘展

期間:平成29年6月13日(火)〜7月2日(日)

【内容】

千歳山荘和館 杉戸
(半泥子と千歳山の文化遺産を継承する会蔵)

展覧会概要

大正・昭和期、茶陶の美の世界に大きな変革をもたらした川喜田半泥子(はんでいし)。半泥子の創作の出発点は、津の郊外千歳山に構えた山荘です。山荘は、1915〜16(大正4〜5)年に整備された和館・洋館を中心建物としています。本展では、解体保存されている和館の襖や杉戸の障屏画を中心に展示し、半泥子が千歳山荘で体現した美の世界を紹介します。

主催

津文化協会、半泥子と千歳山の文化遺産を継承する会

共催

三重県総合博物館、三重大学

後援

津市、津市教育委員会、石水博物館、一般社団法人 三重県建築士会、公益社団法人 日本建築家協会 東海支部 三重地域会

助成

公益財団法人 岡三加藤文化振興財団、公益財団法人 岡田文化財団

【観覧料】

無料

【会場】

三重県総合博物館(MieMu) 2階交流展示室

【関連イベント】

講演会「茶の建築/半泥子の建築」
(1)日時 :平成29年6月17日(土) 13時30分から16時まで(受付は13時から)
(2)定員 :100名
(3)参加費 :無料
(4)場所 :三重県生涯学習センター 2階視聴覚室(津市一身田上津部田1234)
(5)プログラム
【ミニレクチャー】時間:13時40分から14時10分まで
 演題:「半泥子と千歳山荘」
 講師:三重大学教授 菅原 洋一 氏
【基調講演】 時間:14時10分から15時40分
 演題:「茶と茶室について」
 講師:建築史家・建築家 江戸東京博物館 館長 藤森 照信 氏
 内容:半泥子が茶を楽しみ、遊び、作陶に打ち込んだ千歳山の山荘に寄せて、茶の建築の魅力について語ります。
(6)参加方法:入場整理券が必要です。
 入場整理券は当日10時から、三重県総合博物館 2階交流展示室受付でお渡しします。(先着順)

問合せ先

津文化協会、半泥子と千歳山の文化遺産を継承する会(担当 辻本)
電話:090-1236-1144 e-mail: chitosesannsou@gmail.com

ページのトップへ戻る