このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

三重県総合博物館 > これまでのMieMu > これまでのMieMu(2014年7月)

2014年7月の記事  

 

MieMuで東海テレビ「視聴者参加型クイズ お茶の間アンサー!」の生中継を行います  2014年7月31日

 「お茶の間アンサー」は、東海地方のご当地4択クイズに、視聴者がテレビリモコンのdボタン、スマートフォン、携帯電話、パソコンで回答し、賞金を獲得するという番組です。

 8月1日(金)19時からの放送回では、博物館特集として、「リトルワールド」「名古屋市科学館」「トヨタ産業技術記念館」などに関するクイズが出題されるなか、MieMuに関するクイズのみ現地からの生中継で出題されます。

 MieMuでの生中継は、19時30分から19時45分の間の10分程度の予定です。ぜひご覧ください!

 

開館記念企画展第3弾「でかいぞ ミエゾウ!〜化石が語る巨大ゾウの世界〜」まもなく開幕! 2014年7月27日

ミエゾウポスター

ミエゾウは、学名をStegodon miensis(ステゴドン ミエンシス)と名付けられた巨大な太古のゾウで、三重県総合博物館(MieMu)では、全国で初めて全身骨格標本を復元し展示しています。本展では、350万年前のミエゾウや当時の様々な化石、その後のミエゾウが進化して小型化したアケボノゾウや当時の気候変動の証拠となる化石を一堂に展示します。

 

日本で発掘されたミエゾウの資料が勢ぞろいするのは、日本初の試み。三重の名前が冠された太古のゾウを、ぜひMieMuでじっくりとご覧ください。

その他にも、MieMu建設地で発見された足跡化石の標本など、ミエゾウの大きさを体感できる資料が盛りだくさん!

 

開催は7月29日(火)から!ぜひご覧ください。

 

地方自治法施行60周年記念 五百円貨幣の釣銭使用を終了しました 2014年7月24日

 地方自治法施行60周年記念五百円貨幣の釣銭使用ですが、7月24日をもちまして終了といたしました。

 

地方自治法施行60周年記念 五百円貨幣セットの贈呈式を行いました 2014年7月15日

貨幣セット贈呈式の様子

貨幣セット贈呈式の様子

 地方自治法施行60周年記念した三重県デザインの5百円貨幣が発行されるにあたり、当館において5百円貨幣セットの贈呈式を執り行いました。

 

【出席者】

 造幣局 西田理事(写真左手)

 三重県 石垣副知事(写真右手)

 

地方自治法施行60周年記念 五百円貨幣をMieMuでも観覧料の釣銭として使用します 2014年7月11日

記念貨幣5百円硬貨(熊野古道伊勢路)

記念貨幣5百円硬貨(熊野古道伊勢路)

地方自治法施行60周年記念貨幣が発行され、「熊野古道伊勢路」を題材とした五百円貨幣が7月16日(水)から、金融機関で引き換えが開始されます。

 

当館では、7月17日(木)から、観覧料の釣銭としてのみ使用しますので、ご希望の方はお申し出ください。

 

 

※この記念貨幣は通常の5百円貨幣と異なる素材・製法のため、ATMや自販機等の金銭機器には対応しておりません。ご了承ください。

詳しくはこちら 

 

ページのトップへ戻る