現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化 >
  4. 文化総合 >
  5. エコイベント >
  6.  エコイベント
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 文化振興課  >
  4.  文化企画班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重の文化

三重県エコイベントシステム

エコイベントみえマーク  私たちは自らの選択により、 環境に配慮したイベントを開催します。

【エコイベントとは】  【マニュアル】  【マーク】  【優良事例一覧】

 

エコイベントとは、

 

三重県は県の事務活動及び事務事業について継続的な環境負荷の低減を図るため、ISO14001による環境マネジメントシステムを構築し、2000年2月にISO14001の認証を取得しました。環境目的の一つに「イベント開催に際しては、環境に配慮する」ことを設定し、県が開催するどのイベントも環境に配慮したイベント「エコイベント」となるようなシステムづくりを行っています。

私たちが目指した「エコイベント」は、環境に配慮していることはもちろんのこと、イベント自体の開催目的や楽しさを決して損なうことなく、どのような規模でも無理なく継続していくことで、環境に配慮したイベントのノウハウが確実に定着し、いつの間にか三重県で開催されるイベントはいつも環境に配慮した気持ちのいいイベントになっていることが理想です。

エコイベントの考え方

  • 自分たちで決めたことを自分たちで守る
  • できることから始められるように柔軟性を持つ
  • イベントを新しい環境への取組の実験の場として活用する
  • イベント本来の楽しさを損なわない
  • 「エコイベントマーク」で自己宣言する

対象イベント

このイベントは、不特定多数の参加者を対象として開催する式典、催し、行事等のうち、県及び県が主体となった実行委員会が主催または共催するもので、その実施に際して県が管理できるイベントとします。

さらに、県が後援する等のイベントについても、本県が関与できる程度に応じて、環境に配慮したイベントとなるように主催者に協力を求め、県以外の団体でも使用できることとします。

エコイベントの要件  

エコイベントを開催することに伴って環境に負荷を与える要因は数多く考えられます。これらの要因がもたらす環境への影響を最小限にするために主催者が心がけるべき事柄を大きく以下の6項目と定め、これら6項目についての環境配慮を実施したイベントを「エコイベント」と認定しています。

  1. 自然との共生
  2. ゴミ
  3. 交通
  4. 省エネルギー、省資源
  5. 環境啓発
  6. 運営体制

エコイベントの特徴

  1. 県民との協働により策定したこと
  2. すべてのイベント等を対象としたこと
  3. 簡単かつわかりやすい内容としたこと
  4. イベントの楽しさを失わないことをめざしたこと
  5. 外部による評価を取り入れたこと
  6. 絶えず改善し続けるシステムとしたこと

エコイベントマニュアル

エコイベントマニュアル(第6版)

「地球温暖化防止」の視点を盛り込むことに伴いまして、記述を変更いたしました。

エコイベントマニュアル[第6版](PDF形式 -604KB)

Adobe Readerのダウンロードページ三重県ホームページでは一部関連資料等をPDF形式で作成しているため、表示や印刷を行うには「Adobe Reader」が必要です。「Adobe Reader」がインストールされていない場合には、インストールをまず行ってからご覧ください。

エコイベントマニュアル改定内容

第1版→第2版改正点(平成13年4月1日)

☆計画書・報告書等の提出義務の規模要件を500人以上のイベントとした。

☆努力目標を9項目追加

(ごみ)参加者によるごみの持ち帰りを行います。

(ごみ)スタッフの食事にカフェテリア方式を採用します。

(交通)テレビ会議システムを活用します。

(省エネルギー)参加者自身の買い物袋持参方式を採用します。

(省エネルギー)インターネットや電波媒体を活用したPRを行います。

(省エネルギー)スタッフが使用するユニフォームなどは再利用ができるものを調達します。

(省エネルギー)他イベントとの共同開催を行います。

(省エネルギー)プロジェクターを活用して、垂れ幕や看板、配付資料を減らします。

(環境啓発)イベント開催前に会場周辺の清掃を行います。

第2版→第3版改正点(平成14年4月1日)

☆来場者にモニターアンケートを実施要件を追加

☆努力目標を1項目追加

(ごみ)主催者や出展者が排出するごみの回収・リサイクルに配慮します。

第3版→第4版改正点(平成16年4月1日)

☆計画書、報告書の文化振興室への提出を不要とし、実施する各所属で自らチェックを行うこととした。

第4版→第5版改正点(平成17年10月20日)

☆今回の改訂は、2005年3月に「ごみゼロ社会実現プラン」が策定されましたことに伴い、「ごみ」に関する記述を変更しました。

第5版→第6版改正点(平成22年4月1日)

☆地球温暖化防止の視点を盛り込みました。
☆計画書及び実績報告書様式を簡素化しました。
☆アンケート実施について見直しました。

エコイベントマーク&ピクトグラム

エコイベントを実施する場合、次の「エコイベントマーク」を利用して宣言を行ってください。

エコイベントマーク(817picx917pic)(gif形式 - 12KB)
 

※マークを使用する際はこちらまで事前にご連絡ください。

県内の代表的なゴミの分別を示す絵文字(ピクトグラム)です。(「第14回全国スポーツ・レクリエーション祭 」にて作成)
なお、利用に当たっては該当市町村のゴミの分別に合わない場合もありますので必ず市町村にご確認の上ご使用ください。
ピクトグラム(PDF形式 - 337KB)

 

※マークを使用する際はこちらまで事前にご連絡ください。なお、エコイベント以外での利用はできません。

優良事例一覧

本ページに関する問い合わせ先

三重県 環境生活部 文化振興課 文化企画班 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-2176 
ファクス番号:059-224-2408 
メールアドレス:bunka@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000053313